直面する前に知っておきたい。介護の保険・費用・対策

40代ともなると身近になるのが親の介護、そしてゆくゆくは自分の介護問題だ。たとえば保険など、備えは十分なのか?介護は施設か?在宅か?訪問ヘルパーサービスなどもある。いざ直面した時に慌てないために、そしてなるべく長く人生を豊かに愉しむために、介護特集をお送りする。


備えあれば憂いなし!介護の基本は保険から


ほとんどの人はすでに何かしら保険には入っているだろう。しかしここで今一度考えてほしいのは、必要な保険に入れているか、無駄な保険に入っていないかの2点だ。特に老後の貯蓄の為にも無駄の見極めもしっかりしていこう。

■今さら聞けない介護保険の仕組み ■自分を守ってくれる保険、ムダな保険の見極め方

介護費用はいくらかかる?もしもの時を想定しよう


介護は知らない間にやってくる。だからこそ“もしもの時”を想定しておくことが大切だ。結婚している人なら妻が、そしてこれからという人は年の差カップルについてイメージしてみよう。さらに老後も豊かに暮らすための費用とは?

■もしも妻が倒れたら… ■年の差婚カップルの介護はいつ始まるのか? ■年上側は注意!40代と20代の年の差カップルが破局する典型例とは ■1億2億は当たり前!?高級老人ホームの暮らしとは? ■相続に役立つエンディングノートの書き方

「要介護」を遅らせるために。今すぐ始めたい予防法


今や国家問題として進められている介護予防。介護が必要になるのを遅らせるため、早期に対策を講じることを指す。40代の今から始めたい

■ロコモティブシンドロームのセルフチェック&予防法