20代女子に聞く!モテオヤジの条件/楽しませるより楽しむ。超有名経営者に学ぶ恋愛スキル
- 【モテ技】女性がされたい40男のアプローチ法 -

楽しませるより楽しむ。超有名経営者に学ぶ恋愛スキル

大きく成功した起業家や企業のなかで出世する役員クラスの男性は、どんな恋愛をするのだろうか? 多くの男性は他人の恋愛スキルを知ることができない。ましてや、自分よりも上のランクに居る社会的地位の高い人のプライベートは絶対に…。しかし、エリート美女たちは違う。間近でそのスキルを見ることができるし、リアルに体験している。そこで、人を動かすスキルを持ったトップクラスの男性陣が、恋愛シーンでどのようにそのスキルを発揮しているのか、美女に教えてもらった。

■今回のアドバイザー女子
IT企業勤務 Iさん 27 歳

エレガントさと知性を兼ね備えたIさん。頭の回転が早く、分析力も高い。日ごろから超有名企業の経営者たちと飲み交わしているのもうなずける。自信がオーラとして溢れた存在感のある女性だ。

おじさんとおじさんじゃない男性の境界線とは

Iさん「仕事柄、有名な経営者の方と飲む機会が多いんです。時価総額が1000億以上の企業の経営者の方とか、上場企業の役員クラスの男性は、20〜30代の男性と比べて女性との接し方が違うんですね。

なにより、みなさん40代以上ですが、全然おじさんに見えない。有名経営者の方々は、すごく素直なんですよね。“自分が会いたいと思うから誘う。会いたくなければ連絡を取らない”というのが、ハッキリしています。会っているときもみなさん共通して楽しそうなんです。“自分が楽しみたいから会う”っていう少年的な要素を持っていますね。

一方で、一般的におじさんと呼ばれてしまう普通の40代男性は、素直じゃないし、真逆の発想なんです。“相手を楽しませたい”という姿勢で接してくださるので、一緒に居ても私はあまり楽しくないって思います。そもそも、“相手を楽しませたい”って、上から目線なんですよね。女性ってそういう感覚を瞬時に見抜くので、オススメできません。頭でばかり考えて相手に尽くそうとするよりも、その人自身が心の底から楽しんでいる男性の笑顔を見て、女性も楽しくなると思うんです」

なぜランクの高い男は女性に好かれるのか?

Iさん「たとえば、連絡の取り方にそれが表れちゃう。説明しやすいように有名経営者を“Sランク”、役員クラスの方を“Aランク”、普通の人を“一般”と仮にランクづけさせていただきますね。Sランクの男性って、レスが早いんです。私が誘ってOKなときもダメなときも、すぐに返事をくれる。でも、Aランクや一般の男性は、いいときは返事が来るけどNGなときは、翌日にならないとお断りの返事がないんです。ハッキリ断ってくれればいいのに、って思いますよね。

それに、Aランク男性は、気のある素振りはしても自分から誘って来ない。私に興味がないのかなって思いつつ、連絡をしてみると『Iちゃんから誘ってくれるなんて、すごく嬉しいよ』って喜んでデートしたりアプローチしてくるんです。やり取りのなかでも、最終決定は私に委ねる男性も多くて、ズルいなぁって。興味があるなら言ってよ! って思うし、待ちの姿勢って時間のムダですよね。

一般の方はもっと本心が見えない。興味があっても、ないフリをするんです。『どうせIちゃんは、モテるんでしょ?』とか『遊んでるんでしょ?』って私のことを決めつけて攻撃してくるから。こういう言い方をされると、『プライドが高くて邪魔な定義がたくさんある人なんだな』ってもったいなく思いますね。女性にもプライドがあるから、あんまりわかりにくい態度を取られるとイヤになります。お金と名誉があるからSランクの男性がステキなんじゃなく、素直で楽しそうにしているから、一緒にいたいって思う女性が多いんじゃないかな」

最後にアドバイザーからひと言

「ランクの低い男ほど、プライドが高くて損をしている」

Text by Unyo Mura

Illustration by Ayako Sakamoto