20代女子に聞く!モテオヤジの条件/美女が飲み会後にまた会いたくなる40男はアレが上手
- 20代女子に聞く! モテオヤジの条件 -

美女が飲み会後にまた会いたくなる40男はアレが上手

飲み会の場で女性陣たちは、何を考えているのか? 男たちの話を楽しそうに聞いてくれ、ノリもいい。後日、イケると思って連絡をしてみるとなしのつぶて…そんなケースはないだろうか? 若い美女たちは、いつでも頭のなかで色々な想像をめぐらせている。“この人は運命の男性なのか?”と。ツボを押さえれば、あの手この手で誘い方を変えなくとも、美女の方から「もう一度会いたい」と言ってくる方法があるという。20代美女が代表して女心について語ってくれた。

■今回のアドバイザー女子
整体師 Kさん 25歳

ヨガインストラクターの資格を持つKさんは、平日はマッサージ師として勤務し、土日は趣味でヨガ教室を開いているという。心地よい指圧やリフレクソロジーを中心に、そして明るい接客が話題を呼びリピーターが絶えないそうだ。きれい系な美貌とは裏腹におもしろい性格と家庭的な一面が、お嫁さんにしたい女性として年上男性の心をくすぐる。好きな男性のタイプは、タレントの木梨憲武。

女性に結婚の夢を見せない男はNG

Kさん「今までにデートをした年上の男性は、初対面で“いいな”と思えるところが少しでもある人かな。最近まで付き合ってた人は、常連のお客さんが開いてくれた飲み会で知り合ったアラフォーの独身男性。私は好きになるまでに時間がかかるから、最初は“好き”というよりも“ふたりで会ってみたい”と思う程度でした。

初対面の男性に対してどんなポイントがぐっとくるかというと、結婚生活に妄想が抱けたところなんです。この頃、“私もそろそろ結婚がしたいなぁ”って思っていて(笑)。よく『俺は結婚願望がまったくないから付き合うだけでいい』と言い切る男性がいますが、そういう人は出会いを自ら切り捨てていますよ。女性は、いつかは結婚をしたいと思って相手を探している人が多いと思います。だから、たとえ結婚する気がなくても、出会ったばかりの女性にそんなことを言うのはもったいないですね」

出会ったばかりの彼と妄想結婚トーク

Kさん「元彼の場合は、『俺、奥さんのごはんを作ってる音で目覚めたいんだよね』『●●ちゃんはいいお母さんになりそうだけど、旦那さんには厳しかったりしてね(笑)』なんて会話をしてきたので、ふたりで妄想の結婚生活について語り合って楽しかったな。結婚って重い話題ですが、ネタ的に軽いノリで話せる男性は、好印象だと思います。会ってすぐに『君と結婚したい』って言われたら気持ち悪がられちゃうけど、『俺は子どもがたくさんほしい』とか『やっぱり男はおこずかい制のほうがいいのかな』なんて会話ができる男性ってステキですよ。でも、これは結婚願望の強めな女性に有効なので確認してからの方がいいかも(笑)」

ケチとおしゃべりは2大非モテ要素

Kさん「見た目や経済力は完ぺきなのに、『もう2度と会いたくない!』って思う男性もいるんです。そんな残念な男性にならないためにも、最初の飲み会でやってはいけないことを私の目線からお話ししますね。

まず、お会計のときにスマホの計算機機能を使って1円単位で割り勘をしようとする人。コレは絶対にダメ! デートの時も割り勘はいいけど、計算機を使われると“ケチ臭い”と思われちゃいますよ。『だいたいでいいんじゃない?』と大らかな男性のほうが女性に好かれます。

次に、ず~っとしゃべっている人もNG! 会ったばかりの女性に対して自分の話をガンガンしてくる男性は、正直疲れます(笑)。私は初対面の人と話す場合、4:6の割合を心がけています。自分が話すのが4、そして相手に6割しゃべってもらう。『この人は聞いてくれる人だな』という安心感を持ってもらうためです。おしゃべり大好きな女性には、この手はすごく使えると思いますよ。話したいことがあっても最初の飲み会では、少し控えめに会話をしてみてください。

女性って飲み会での会話中『今後、ふたりで会ったらどうなるんだろう』と想像しながら話しているんですよ。だから、男性は自分が話すよりも女性に想像させる“スペース”を作ってあげると、簡単に“また会いたい男性”になれますよ」

最後にアドバイザーからのひと言

「女性がまた会いたくなるのは、妄想させるのが上手な男」

Text by Yoko Takahashi

Illustration by Ayako Sakamoto