クロカンシューズとして開発された名作中の名作!―adidas COUNTRY
- Hot-DogPRESS powered by éditeur -

クロカンシューズとして開発された名作中の名作!―adidas COUNTRY

スニーカーアナリストとしても活躍中のフリーライター南井正弘さんを全面フィーチャー。

トレンドはもちろん、ブランド力や機能性などを考慮して、2015年夏、大人が買うべきスニーカーを厳選し紹介します。

■adidas COUNTRY

野山を駆け巡るクロスカントリー向けシューズとして開発されたアディダスのカントリー。

耐久性に優れ、足なじみのよいフルグレインレザーのアッパーに不整地でも高いグリップ性を発揮するヘリンボーンアウトソールを組み合わせることで、オンロードだけでなく、オフロードにおける走行性能を高めることに成功していた。

そんなアディダスのカントリーは、現在ではストリートシーンで高い人気を誇っているが、このモデルが特に注目を集めることとなったのが、1984年に製作された映画『ビバリーヒルズ・コップ』でエディ・マーフィーが扮する若手刑事のアクセル・フォーリーが、このモデルを履いていたことから。

それまでは同社のスーパースターやスタンスミスと比較すると知名度で劣ったカントリーであったが、この映画のヒットがきっかけとなって、前述のモデルと遜色がないレベルの知名度となり、アディダス屈指のロングセラーのひとつとなったのである。

Text by Hot-Dog PRESS編集部