20代女子に聞く!モテオヤジの条件/恋愛を楽しんでいるモテオヤジに共通する口説きテク
- 【モテ技】女子の本音を調査!デートでの会話・口説き方 -

47歳男性の恋愛口説きテクをメーカー勤務26歳美女がアドバイス!

40代にもなれば多くの人が、人を誘うことに抵抗は少ないだろう。恋愛対象の女性に対しても、自分から誘っているという声も聞こえてきそうだ。しかし、誘う行為が同じでもOKされる人とされない人にはやはり大きな差がある。恋愛を楽しみ女性からのYESを引き出すのが上手い40代男性に共通する口説きテクを美女が教えてくれた。

■今回のアドバイザー女子
メーカー勤務 Rさん 26歳

大学卒業後、イギリスに2年間留学をし、仕事をしながら雑誌の読者モデルとしても活躍中。かわいくて癒し系のRさんは、最近、銀座の出会い居酒屋に行くのがブームだとか。好きなタイプは、俳優の遠藤憲一。

女性はやっぱり口説かれたいと思っている

Rさん「女心としては、男性から口説かれないよりも口説かれたいです(笑)。でも、最近の男性は押しが弱いので、少しでも強引な男性がいると気持ちが揺らいでしまうことも…。

私の職場にバツイチの42歳男性がいて、彼のアプローチがすごいんです! 初めは興味がなかったのでかわしていたんですが、押しに負けて何度かデートしました。最初のデートのお誘いは、『今度、コストコに行ってみたいんだけどRちゃんって海外のモノ、詳しいじゃん? 買い物ついでだと思ってデートしてよ!』ってサラリと言われました。

しかも、2人きりではなく同僚のいる前で。コストコは私も大好きな場所だし、みんなの前で言われたから軽い気持ちで承諾しました。単に『食事に行きませんか?』ではなく、相手が興味のあるコトを考慮した上でデートに誘うのは効果的だと思います。

言い方が悪いけど、女性にエサをちらつかせる(笑)。例えば、ファッションが好きな女性を誘うなら“今度、ソラマチに行こうよ”とか、動物を飼っている子なら“お台場に大きなペットショップがあるから行こうよ”って誘うとか。女性だって、行く目的や動機ができればその男性が恋愛対象かわからなくても行こうと思うものなんですよ」

恋愛を楽しむ40代男性に共通している誘い方

Rさん「私が知っている40代の男友だちは、みんな恋愛を楽しんでますね。なかには結婚されている方もいますが、タイプの子がいれば食事に誘っているみたい。その人たちのやり方は、スムーズで私でもドキドキしちゃうかも(笑)。

47歳の営業マンJさんは、仕事柄、色々なところで食事をしてるので、おいしいレストランをたくさん知っています。女性は食に対して男性よりも貪欲なので“美味しいお店を知っている”ってことが、かなりプラスになっているとか。『赤提灯で汚い店だけど、白レバーが最高なんだ。そのあとに近くにあるワインバーに行ってみようよ。◯◯ちゃんに絶対に食べてもらいたいんだ』って、初対面の人を誘っているのを見て、“完ペキだ!”と思いました。“絶対に食べて欲しい”って強く言っているし、女性があんまり行ったことがない赤提灯のお店を指定するのもポイントが高いです」

ガンガン誘ってからしか何も始まらない

Rさん「もうひとり、40歳のホテルマンがいて、その人はなんでも聞いてあげる作戦で女性を誘っています。“話し上手は聞き上手”ってよく言いますが、まさにそのタイプ! お酒が入ると女性は自分のことを話したがります。それを全部受け止めて頷いて、“君の味方だよ”というアピールをし続けて最後に誘っていました。

飲み会で彼女の愚痴を否定もせずにずーっと聞いてあげて、『なんか疲れてるね。今度、車借りるから海に行って叫んでみる? 俺も負けずに叫ぶけどね』って、ささやいて女性がそれに応じていましたよ。この場合は“俺も叫ぶけどね”がポイントですね。心が弱っているときにこれを聞いて断る女性はいないですね。断られることを考えていたら何も始まりません。言ってみないとわからないので、とにかく強気にガンガン誘ってください!」

最後にアドバイザーからひと言

「女性を口説くときのコツは、エサをまくこと!」

Text by Yoko Takahashi

Illustration by Ayako Sakamoto