20代女子に聞く!モテオヤジの条件/口下手男だからこそ効果絶大な女子が喜ぶ●●
- 【モテ技】女子の本音を調査!デートでの会話・口説き方 -

口下手男だからこそ効果絶大な女子が喜ぶ●●

口の達者な男性は、モテる。女性が気分よくなるような言葉をかけたり、面白い武勇伝を披露したりして楽しませる芸当を持っている。しかし、多くの男性は口下手で悩んでいるのではないだろうか。よく言われることだが、女性よりも男性の方が、語彙が少ない。恋愛では顕著に出て喧嘩の原因にもなる。言うのは恥ずかしくても、態度で示すことは出来るだろう。何をすれば女性は「好き」の言葉以上に好意を感じてくれるのか? 美女に指南してもらった。

■今回のアドバイザー女子
イベントコンパニオン Iさん 24歳

はつらつとしながらも健康的な色っぽさを兼ね備えたIさん。大きくて甘えてくるような目が年上男を惑わせるが、1人飲みも1人メシもできるほどサバサバしている。最近の悩みは「サバサバを心がけてたら、女っ気がないって言われるように! 年下のコンパニオンみたいにセクハラされなくなりました(笑)」とのこと。

“好き”以外で伝わってしまう愛の告白とは

Iさん「今、49歳の彼氏がいます。彼は口下手だし、愛情表現が苦手な人。『好きだよ』とかそういう直接的なことは言ってくれません。付き合うときだって、お互いが好きなのをわかってるのに『今付き合っても、おじいちゃんになっちゃうしね…』ってはぐらかしてくるほどで(笑)。その言葉を聞いたとき『先のことなんてわかんないじゃん』と思いましたけど、一方で『あぁ、長く一緒に居たいと思ってくれてるんだな』って彼の思いが伝わってきました。だから、煮え切らない部分もあったけど、彼のことが愛おしかったです」

隠そうとしても隠せない彼女への愛

Iさん「わかりやすい言葉を言われなくても、日ごろの態度で愛情って伝わってくるんですよね。一緒に居るときは、体のどこかしらがくっついてるので、離れたくないんだって思います。

それから、一緒に居ないときに取る彼の行動が可愛いんです。私はリラックマが好きなんですが、突然彼からLINEで『リラックマがコラボしてたよ』って、写真つきでコラボ商品やイベント風景を送ってくるんです。街を歩いているときも私のことを考えてくれたり、思い出してくれたりするんだって思うとすごく嬉しくなりますね」

高級ディナーよりも女子に刺さる料理とは

Iさん「私は豪華なディナーとか高級なプレゼントって、もらったら嬉しいけどすごく欲しいわけではないんです。彼もそういう面が質素というか派手じゃなくて。そこも好きなところだし、私と合うなって思います。プチ贅沢が私たちの楽しみなんです。成城石井で食材を買って来て彼が家でステーキやソテーを振る舞ってくれるとか。彼が作る料理では、野菜炒めが好き。一人暮らし歴の長さが感じられるし、男っぽいから。高級レストランに行くのもいいけれど、たまには男性が女性に料理をもてなしてみてはどうでしょう? 愛情が伝わるしポイントが高いと思いますよ!」

最後にアドバイザーからひと言

「高級ディナーより、野菜炒めで女子の心をつかめ!」

Text by Unyo Mura