20代女子に聞く!モテオヤジの条件/20代美女が多趣味な40男を恋人に選びたがる理由
- 20代女子に聞く! モテオヤジの条件 -

20代美女が多趣味な40男を恋人に選びたがる理由

仕事が出来て見てくれもよく、女性の扱いに慣れたオヤジはもちろんモテる。しかし、口下手で恋愛に慣れていない非イケメンでもモテる方法がある。それは、多趣味なことだ。多趣味な男性を嫌がる女性も少なからずいるが、20代の美女はむしろそういう男性を好んで選ぶという。年下の女性は、多趣味オヤジのどんなところに魅力を感じているのだろうか?

■今回のアドバイザー女子
イベントコンパニオン Iさん 24歳

細っそりとしているが、艶のあるスリムで長い足が魅力的なIさん。大きな目元からは、若々しさと自信に満ちたオーラを放ち、見る人の目を惹き付ける。元AKB48の板野友美にそっくりな美女だ。

彼の部屋が趣味のフィギュアで溢れている

Iさん「学生時代から12歳年上の男性と付き合っていました。年はすごく上だけど、何を考えているのかわからないような少年っぽさを残しているおじさまが好みなんです。これまでに好きになった人もそうだし、今付き合っている49歳の彼もそう。

家に行くと彼が大好きなフィギュアとかラジコンとかが部屋中に飾ってあるんです。スターウォーズとか、バッドマンとか、特撮ヒーローとか。物で溢れていて(笑)、タレントの所ジョージのガレージみたいな感じ。クリエイティブ系のお仕事をしているから、というのもあるんでしょうね。趣味には、お金も時間も情熱もすべてを注ぎ込んでいるんです」

偶然、同じ街に居てお茶することに

Iさん「友だちと飲んでいるときに紹介されたのですが、出会ったときから『この人は不思議な人だな』と思っていました。印象はすごく薄かったです。翌日Facebookのメッセージがきました。『この間はありがとう。酔ってたけど、ちゃんと帰れた? また機会があったら飲みましょうね』っていう社交辞令でそのときは終了。2週間後に突然『今どこにいる?』って連絡がきて。お互いにたまたま渋谷に居たのでお茶することになりました」

口下手な彼が夢中で趣味の話をする姿に…

Iさん「とにかく、口下手なんです彼。会ったはいいけど、とてもしゃべりにくそうにしていて(笑)。私もそこまでしゃべる方ではないので、話を続けるのが大変でした。でも、お互いに映画が好きで、彼は昔の映画など私以上に詳しくてすごく楽しかったんです。彼が話下手なことで逆にゆったりした時間を過ごせたし、映画の話を夢中でしている姿を見て『ステキだな』って好感度が上がりました。

しかも、2回目のデートに行くことになったのも、映画の話から。私が見たいと思っていた作品を彼がオススメしてきたんです。女性が見に行きそうもないSF映画だったこともあってか、彼が『ちょうどもう1度見たいと思ってたから、今度一緒に行こう』って。誘ってくれて嬉しかったけど、1回見た映画をもう一度見たいなんてやっぱり変わった人だな、って思いましたけどね(笑)。

40代の男性は趣味があるって、すごく重要です。好きなものの話をしている姿に女性は惹かれてしまうし、話していて面白い。彼のフィギュアも私は理解しきれないけど、部屋の片隅に置いてあるものが面白かったりするのでそういうところも大好きなんです」

最後にアドバイザーからひと言

「趣味について夢中で話すおじさまの姿に女性は惚れる!」

Text by Unyo Mura