20代女子に聞く! モテオヤジの条件/年下女子との恋愛で大事な○○の存在とは?
- 【モテ技】女性がされたい40男のアプローチ法 -

年下女子との恋愛で大事な○○の存在とは?

学生時代や若い頃の恋愛は、お互いのことしか目に入らないほど視野の狭い関係を築いていただろう。しかし、大人の恋愛となると事情は変わる。知人や仕事仲間など、自分にとって大切な人々に紹介できないコソコソした関係は、モテオヤジの勲章に傷をつける。オープンで堂々とした態度を取る男性だからこそ、年下美女たちは熱を上げるのだ。第三者の存在が恋愛にどんな効果を発揮したか、美女に教えてもらった。

■今回のアドバイザー女子
人材派遣企業勤務 Nさん 27歳

涼やかだが大きな瞳が魅力的なNさん。一見クールだが、おしとやかで気配り上手な性格美人でもある。しかし、職場ではキレ者としてバリバリ活躍しているようで「仕事だと人格が変わるねってよく言われます(笑)」とのこと。

知人経由で知り合う方がスムーズに展開する

Nさん「年上の男性が好みなのですが、やっぱりいきなりは付き合えません。40代の男性と知り合うキッカケは、だいたい友だちの紹介。女友だちが40代の男性と飲んでいてそこへ合流するケースが多いかな。

21歳のときにお付き合いした41歳の彼とは、まさにそういう知り合い方をしました。バイト先の50代のお客さんに片思いをしていた時期もありましたが(笑)、やっぱり友だち経由で知り合う方が進展しやすいですよね」

色々な人に紹介されて恋人なんだと認識できた

Nさん「41歳の彼は優しくて、かわいさもあるし、頼れる年上の男性でした。何回もデートしていたのですが、“付き合おう”といった告白のようなものはなくって。いつの間にか彼氏彼女の関係になっていたんです。私が“付き合っているんだな”って思えたのは、彼が色んな人に私を紹介してくれたからなんです。

たとえば、彼がよく通っているBARや行きつけのごはん屋さんに連れて行ってくれて、お店の方に紹介してくれていました。あと、彼が経営する会社の従業員の方が出席するプライベートな集まりにも呼んでくれたんです。だから、周囲の方からも、私と彼は付き合っている認識をされていました。もし、いい加減な関係であれば、自分のテリトリーに私を呼びいれてくれないだろうし、紹介もしてくれないはず。オープンな関係なんだと思わせてくれる“紹介”って、女性からすると嬉しいんです。第三者を介して彼の愛情を感じることができるから」

行きつけのBARで知り合う最適な方法とは

Nさん「出会うときも、やっぱり第三者がいる方がいいですね。いわゆる“仲介人”がいることで、私たち女性も警戒心が解けてきます。付き合っていないけど、深い関係だった年上男性がいました。その方とは、私がよく行くBARで知り合ったんです。

実は、誘われる前から常連さんと話している会話を聞いて、彼にほかのパートナーがいるのはうすうす感じていました。でも、気になる存在だったし、わりと軽い気持ちで誘いを受けてしまったんです。だから、ホテルに行ってHが終ったあとに『気持ちが入ったら終わりだね』とか『Nちゃんは他に1番の男を作っていいからね』と線を引かれちゃって。月に1回くらいBARで会ったり、外で会ったりしていたんです。でも、念を押されていることもあって、半年ほどして面倒になり会わなくなっちゃいました(笑)。

私の経験をもとにお話すると、もし、行きつけのお店で知り合いになりたいお気に入りの女性がいたら、声をかけるのはNGです。いきなり1対1で話しかけられると女性はビックリするので、マスターを通して顔見知りになりましょう。何回かお話する機会を持って、それから2人で話す関係になり、『もう1軒行きませんか?』と誘うといいですね。もしくは、しっかり女性から好きなものをリサーチして『今度、●●の美味しいお店に行こうよ』って日を改めるのも効果があると思いますよ!」

最後にアドバイザーからひと言

「第三者を上手く介入させられる40男は女子から信頼されます!」

Text by Unyo Mura