20代女子に聞く!モテオヤジの条件/恋愛ご無沙汰オヤジが誘うべき美女の特徴とは
- 【モテ技】女性がされたい40男のアプローチ法 -

恋愛ご無沙汰オヤジが誘うべき美女の特徴とは

仕事で重要なポジションを務めることが多い40代。大きな案件など、仕事での目標を達成したあとに喜びを伝える相手がいない―—。そんな時が、男にとって一番寂しさを感じる瞬間ではないか。仕事に夢中になるあまり、“恋愛ご無沙汰”になっている男性は少なくない。今からでも出来る、20代女性との人脈づくりについて美女が指南してくれた。

■今回のアドバイザー女子
IT企業勤務 Sさん 29歳

涼やかな目元と端正な顔立ちが印象的なSさん。聞き上手で知性のあるトークが得意の彼女は「銀座のママになれるってよく言われます(笑)」と周囲の40代男性からイジられるとか。学生時代から一流オヤジとデートを楽しんできたヤリ手の美女だ。

出会いがない、は言い訳でしかない

Sさん「よく“若くて可愛い女子と飲みたい”というお願いをされることがあります。私が幹事をするときは、必ず頼んできた男性の性格や希望を配慮して、女子メンバーを決めているんです。美人系、可愛い系、ノリのいい子、落ち着いている子…など、チーム編成をして飲み会に臨んでいます(笑)。私のような幹事はなかなかいないと思うのですが、顔の広そうな女子と仲良くなっておくのは得策。“出会いがない”は、ハッキリ言って言い訳ですね」

美女とイモヅル式に知り合う方法がある

Sさん「おじさまたちも、欲求に段階があると思います。第1段階は、“若い女子と飲みたい”ですよね。これなら、美女が多いと噂の企業に勤める知り合いを探せば、すぐに実現できます。美人って自己肯定感が高いので、大企業に採用されやすいんです。ちなみに気が強い美人は、IT系企業に集まりやすいかも。

次にわがままを言うならきっと“トークを楽しめる若い女子と飲みたい”だと思います。40代男性が以前、『20代前半の女子だと若すぎて話が合わない』と嘆いてました。それならば、美人の既婚者を重宝しましょう。

合コンだと“幹事MAX説”があります。女子は特に“幹事の女の子が一番可愛かった”ということが起きやすいです。でも、既婚の美人なら心に余裕があるし、美人の友だちは美人なんで(笑)。これを利用しない手はないですよ」

美女と知り合うために日ごろからすべきこと

Sさん「ここがポイントですが、幹事になってくれそうな女子には、日ごろから“いいおじさま”で居てください。美味しいものをおごってくれる人、センスのいいバーに連れて行ってくれる人、仕事で力になってくれそうな人…こういうラベリングがなされている人は、女子の記憶にも残りやすいから、美女を紹介してもらいやすいです。

幹事側もやっぱり、誘う女友だちにいい顔をしたいから、イヤな気分にさせられる男性には紹介したくないんですよ。レベルの高い女子を紹介してもらえたら、男性が“日ごろからいい行いをしているから”と思っていいくらい(笑)」

20 代後半女子とデートするメリットは?

Sさん「それから、しばらく恋愛市場から足が遠のいている40代男性は、無理をしないことです。女性の誘い方やデートコースは、知識でカバーすることができます。でも、デート中の受け答えや女性の気分をよくする扱いはセンスが大事。テクニックは、ネットで勉強したり恋愛本を読んだりして学べても、センスは実践しないと磨かれません。

恋愛センスに自信がないのであれば、20代前半の女性や女子大生と飲まない方がいいです。“40代の男性はこういうものだ!”っていう幻想が強いから、上手く立ち振る舞えないとすぐに切られちゃいますよ。恋愛リハビリ中の40代男性は、年上好きの20代後半の女性を選ぶ方がいい。“おじさんってこういう生き物よね”とわかっているし、多少の失敗も受け流してくれる度量がありますよ」

最後にアドバイザーからひと言

「恋愛ご無沙汰オヤジは、20代後半女子を誘ってリハビリを!」

Text by Unyo Mura