20代女子に聞く!モテオヤジの条件/美女が距離を置きたくなる“ダメ40男”の特徴
- 見直してモテ度アップ!40男のNG集 -

美女が距離を置きたくなる“ダメ40男”の特徴

「お金さえあれば、仕事で成功すれば、もっとモテて美女とデートすることなんて容易いはず。今の自分がモテない理由は、地位や収入が低いから。センスもビジュアルもイケてないから…」こんなことを思ったことはないだろうか? それらの考えは、すべて見当違いである。なぜなら、多くの女性は賢いからだ。ましてや手練の美女となれば、男の内面を本質的に見抜き、すぐに幼さを感じ取ってしまう。すべてを手に入れたはずの富裕層男性たちが、20代美女から距離を置かれてしまったのは、なぜなのだろうか?

■今回のアドバイザー女子
IT企業勤務 Sさん 29歳

知性溢れるトーク術とクールビューティーな美貌が魅力のSさんは、複数人の超一流オヤジから寵愛を受けている。男たちに媚びない気品が、彼らの狩猟本能をかき立てているようだ。

しめっぽくないおじさんは美女にモテる

Sさん「同世代の女子のなかでも、私はお金持ちのおじさまとお食事をする機会が多いですね。一般的には、経済力もあって権力もある男性はモテると思われるでしょうが、実はそうでもないんですよ。モテる40代男性は、地位以上に大切なものを持っていると思います。

いわゆる“大物”と言われるような男性は、しめっぽくないんです。だから、会話も誘い方もすごくストレート。一方、“ダメ40男”のみなさんはネットリしているというか、ウジウジしているんですよね(笑)」

器の小さい“エグ男”は20代女子に嫌煙される

Sさん「例えば、エグゼクティブの男性でも『あ〜、この人小さい人だな』と思わせる人がいて。それは、飲み会で知り合った40代の男性です。みんなで会話しているときに『どうせ女なんて金なんだろ?』って、私たちを見下してくるような発言をしてきたんです。一般論として話していたのかもしれませんが、いい気分にはならないですよね。

この“どうせ●●”って言葉は、発言している人の人格をネガティブに印象づけるので本当に使わない方がいいと思います。

以前、60歳の超富裕層のおじいさまからご指名を受けたことがありました。知人経由で私の写真を見たおじいさまが、私の顔を好みだと言ってくださってお会いしたんですね。なんと、おじいさまの娘さんは、私と同じ年だったんですが(笑)。そのくらいアグレッシブだし、体も60代とは思えないほど鍛え抜かれていました。“モテたい!”というエネルギーに満ちたダンディおじいさまは、1人12万円もする超高級フレンチを予約してくださって、至れり尽くせりのディナー体験をさせてくれました。でも、『君は“どうせ”俺になんて興味ないんだろ』って、食事中に何度も言うんです。『そんなことないですよ』って否定しても、何回も言われるとこちらも返答に困り苦笑いするしかなくて…」

資産数十億でも自信のない残念男

Sさん「他にも、44歳の男性とデートして同じようなことがありました。その男性は資産数十億円という、会社勤めの私にとってはケタ外れに成功している方。でも、いつ会っても自信がなさそうなんです。多分、浮気などしたことがないような真面目な方なんでしょうね。それでもその方は『僕なんてさ…』と卑下しながら口説いてくださって(笑)。自信なく口説かれても、女性は嬉しくないですよね。

どんなに経済力があっても、仕事で成功していても、女性に対して自信が持てないと“モテ”ないと思います。既婚者なのに、恋愛では引け目を感じて卑屈というか…。女性は、40代男性の自信に溢れた姿を見て、理想の年上像、つまり“余裕があって素敵な年上男性”を重ねて憧れるんです。今の肩書きや年収は、ほとんど関係ありません。ぜひ、自信を持って女性を口説いてください」

最後にアドバイザーからひと言

「男の自信は地位や名誉、お金によって生まれるものではない」

Text by Unyo Mura