オトナのための最新自動車事情/コンパクトでも上質。レクサス最新モデル『LF-SA』発表
- スーパーカーブランド【LEXUS】 -

コンパクトでも上質。レクサス最新モデル『LF-SA』発表

自動車メーカーにおいてプレミアムコンパクトカーは、欧州のみならず、日本、新興国でも戦略の中核になりつつある。例えば、アウディはA1、BMWは1シリーズ、VWはポロをラインナップ。日本ではMINIの人気が高い。共通するのは、上位セグメントに負けないエクステリアやインテリアの質感、そして、上質な乗り心地だ。小さくとも妥協をしない作り込みが求められる。

走りの歓びを享受できる都会派プレミアムコンパクト

そんなプレミアムコンパクト市場に、満を持して名乗りを上げたのが、レクサス『LF-SA』。ジュネーブモーターショーで発表されたコンセプトカーである。

定員は2+2の4人。全長3450×全幅1700×全高1430mmのボディサイズは、レクサスいわく「ウルトラコンパクトクラス」。都市での使用を想定し、狭い場所での取り回しやすさと機敏な走りを実現するコンパクトなパッケージを目指したという。

『LF-SA』とは、Lexus Future Small Adventurer(未来の小さな冒険者)を意味する。未来の生活スタイルにおいても運転の歓びを追求する精神をその名に込めたという。自動運転や運転支援システムがキーワードとなるなか、運転の歓びにこだわったというだけあり、インテリアはドライバー重視だ。

運転席を固定し、位置調整可能なステアリングとペダルを採用し、シティユースでも快適で広々とした運転空間を実現している。助手席はスライド可動式とし、後席への乗降性に配慮した。

エクステリアはレクサスのコンパクトクロスオーバー『NX』をさらに凝縮したような印象。しかし、レクサスのクロスオーバー系の車には『LX』『NX』というように『X』がつくはず。「A」がつく車はこれまでないので、全く新しい1台と捉えた方がいいのかもしれない。

細部を見ると、彫りの深いボディ造形により、見る角度によって刻々と表情が変化して見えるデザインが特徴的だ。フロントエンブレムを中心とした放射パターンのスピンドルグリルは、立体的にフロントフェンダーへ続き、ボディの踏ん張り感を強調。リヤホイールアーチ上の大胆な削り出しによる構成面がボディのメリハリを際立たせ、ダイナミックかつ前進する力強さを表現している。

欧州市場を見据え、富裕層の足車となれるか

開発からモデル製作まで一貫して担当したのは、フランスのニースに拠点を置くED2(EDスクエア 正式名称はToyota Europe Design Development)。プレミアムコンパクトへの目が肥えている欧州の富裕層市場を見据えていることがわかる。

内燃機関は発表されていないが、走りの歓びというキーワードと欧州市場のトレンドを考えるとダウンサイジングターボが本命だろう。欧州市場に向けた5ドアハッチバック『オーリス』にも、新型の直列4気筒1.2リッターガソリン直噴ターボエンジンの搭載が決まっている。

コンセプトカーなので、実際の発売は少し先になるはず。次期『ヤリス(日本名:ヴィッツ)』とプラットフォームを共有するという話もあるが、現行型ヴィッツは2014年4月にビッグマイナーチェンジを行っているので、2016年以降の登場になるのだろうか。

プレミアムコンパクト市場に新たな選択肢を与えてくれそうな1台。今から発売が楽しみだ。

Text by Tsukasa Sasabayashi