モテる40代の遊びガネ錬金術/40男こそ必要「プラチナカード」取得法
- 【Money】知ってる人だけ得をする!マネーテク -

40男こそ必要「プラチナカード」取得法

年収や利用額など一定の条件を満たした人しか入会できないため、まさに「選ばれしもののカード」というイメージがあるクレジット会社の「プラチナカード」。しかし、最近では以前に比べ入会の条件も緩和されているという。働き盛りの40代にも何かとメリットが多いというプラチナカードの入会条件や、受けることができるサービスの概要について、カード評論家の岩田昭男さんに聞いた。

■今回のアドバイザー
カード評論家 岩田昭男さん

クレジットカード研究歴30年のカード評論家。クレジットカード中心に、電子マネー、プリペイドカード、ブラックリストまで広く情報を発信している。近年はスマートフォン決済についても研究中。

以前に比べ入会条件も緩和されている

岩田「当然、プラチナカードは誰もが持てるものではありません。しかし、最近では入会の条件もだいぶ低くなっています。かつては年収1000万ぐらいが入会の条件だったのに対して、最近では年収800万程度でもプラチナカードを持つことが可能な場合も。

原則として、プラチナカードへのインビテーション(招待状)はゴールドカードを保有しており、その決済額が高い人に贈られるようになっています。すでにゴールドカードを持っているなら、カードで決済する機会を増やせば、プラチナカードに近づくでしょう」

働き盛りの40男こそプラチナカードを持つべし

岩田「プラチナカードと聞くと中高年のもの、というイメージの人もいるかもしれません。しかし、実は40代のビジネスマンこそ持っているとメリットが高いのです。プラチナカードは、旅行やエンターテインメントに特化したサービスが充実しています。

代表的サービスとなるのが専用コンシェルジュ。たとえば出張の際には、コンシェルジュがホテルや飛行機の予約だけでなく旅程も組み立ててくれますし、接待となれば相応の店を予約してくれます。

また、空港で専用のラウンジが利用できたり、海外で万が一のことがあった場合の保証額が高く設定されているのも大きな魅力。国内・海外を問わず確実なサービスを提供してくれるプラチナカードは、出張が多く、働き盛りの男性のビジネスパートナーとなるでしょう」

持っているだけで世界が変わる!

岩田「プラチナカードのもうひとつのメリットは、有名ホテルやレストラン、特別イベントへの招待券を受け取れるということ。つまり、プラチナカードを保有するだけで様々な体験が出来るようになるわけです。

新しい体験をしてみたいが機会に恵まれないという人にも、プラチナカードはオススメです。持っているだけで人生が変わるでしょう」

最後にアドバイザーからひと言

「プラチナカードは一度保有してしまえば原則、途中で剥奪されることありません。ただし、支払いが滞ったりすると更新ができなくなるのでご注意ください」

Text by Mai Matsubara (Seidansha)