20代女子に聞く!モテオヤジの条件/しゃべり上手も聞き上手もNG。モテる自己PRの極意
- 見直してモテ度アップ!40男のNG集 -

しゃべり上手も聞き上手もNG。モテる自己PRの極意

職場で後輩から慕われたり、女性からも引き合いのある40代男性は、聞き上手なタイプが多い。その分、地味で目立たず“いい人”という印象でその他大勢に埋もれてしまうという悩みもあるのでは? モテる40代は、さりげない自己アピール力を持っているもの。自慢と自己アピールの境界線はどこにあるのか――年上好きな美女が指南してくれた。

■今回のアドバイザー
 サロンレセプション Mさん 27歳

表参道の美容室でレセプションとして働くMさん。美人ゆえに勝ち気そうに見える外見だが、内面はおっとりとした天然。理想のタイプは、渡辺謙のようなダンディズムあふれる男性だとか。

Mさん「勤務先が銀座の美容室なので、40代男性のお客様が多いです。仕事関係で知り合う方も40代の方が多く、よく食事に誘われることもあります。そんな経験から、アピール上手なおじさまの特徴をお伝えしますね」

一方的に情報を与えるのは、自慢話の典型

Mさん「女性へのアピールの仕方を間違えてはダメです。お客様のなかに、アピール下手なオジサンがいます。その方は『新車を買って海沿いを走ったんだよ』とか『丸の内を歩いていたら、雑誌のスナップをお願いされちゃって』という自慢から始まり、『若い頃は同時に4人の女性と付き合ってたこともあるんだ』『友だちが六本木のイタリアンを経営しているんだ』など、こちらが返答に困る発言が多いです。

話している内容は、素敵だしお金持ちそうだな、とうらやましく思いますが、“だから何なんだろう?”と。自分をよく見せようと思い、“俺の話聞いて”と一方的にアピールするのは、ただの自慢。自己アピールっていうのは、会話ににじませるものだから。

この場合だと、『イタリアン好きだったよね? 友だちがやっているお店が六本木にあるから今度行ってみない?』、『新車でドライブしたけど、◯◯ちゃんはどんな車が欲しい?』と、どんな内容の話でも女性を会話のなかに入れてあげること。そして、絶対にNGなのが、過去の栄光話。これはどんなテクニックを使っても自慢話にしかなりません(笑)」

長所を引き立たせる最強のアピールテク

Mさん「40代の美容師さんって本当にモテるんですよ。見た目がオシャレで若いのもありますが、女性との会話が上手。お客様のなかには、美容師に恋している人もいますからね。ただ聞き上手なだけではダメなんです。42歳独身の先輩は女性の懐にスッと入れる自己アピール上手な人。

『俺の家、荒れ放題で汚いんだよ。掃除してるれるの!? だったら、もっと散らかしちゃってもいい?』と、おちゃらけてかわいくアピール。そこに『◯◯の前だと、仕事モードのつもりが、気がつくとオフモードになっちゃうんだよね』と神妙な打ち明け話を加えて、“あなたのことが好き”というアプローチを混ぜているんです。

自己アピールというと、良いところばかり出そうとしますが、実は短所の見せ方がポイント。男性の能力や性格として致命的ではない欠点を冗談っぽく見せていくと、本来アピールしたい自分の長所がより強調される、という高等テクは40代男性ならではの自己演出だと思いますよ」

最後にアドバイザーからひと言

「モテオヤジは自慢よりも欠点をアピールして女心をわしづかみにする!」

Text by Yoko Takahashi