20代女子に聞く!モテオヤジの条件/女性が“また会いたくなる40男”のデート術
- 【モテ技】必読!美女とのデート成功法・失敗例 -

女性が“また会いたくなる40男”のデート術

気まぐれな女性の心を掴むのは、難しい。一度はOKしてくれたのに、2回目のデートにつながらない…など手に入ったと思った次の瞬間には消えて行く。そんな苦い経験がある男性は多いはず。女性から望まれる“また会いたい男”は、どんなデートプランを考えているのか、美女がアドバイスしてくれた。

■今回のアドバイザー
 サロンレセプション Mさん 27歳

表参道の美容室でレセプションとして働くMさん。サロンの受付やプレス業務に加えて、学生時代から続けている読者モデルとしても活躍中。好きな男性のタイプは、男らしくもかわいらしい人。

デートをしたいというアピールが最初の一歩

Mさん「最近、私がデートしているのは仕事で知り合った47歳のおじさまです。付き合っているか曖昧な時期に『今度は2人で休みの日にデートしよっか』と言われて、すごくドキドキしました。何度か食事はしていたけれど、不意に言われたから意識するようになったんです。

基本的に女性は、デートに誘われることを待っています。わざわざ2人で会ったり、マメに連絡をとったりするのって女性だって面倒なんですよ。だから、デートの終盤で『今度、買い物に一緒に行きたいんだよね』とか『観たいって言ってた映画、終わる前に行かないと!』っていう発言をされると嬉しい。女性からデートに誘われたかったら、デート中に行きたい場所をアピールしてください。

もし、女性が次回のデートを考えていなかったとしても、2人で会っているときに誘われることは、女性を喜ばせる行為なので好感度アップです。むしろ、“微妙にナシかな?”くらいの惜しい位置にいる男性でも、“誘ってくれるから、また会いたい”に変わる。これが、男性を悩ませる気まぐれな女心のメカニズムです」

女子の“初体験”を与える男になること

Mさん「好きじゃなかったのにデートしてるうちに好きになっていたってこと、ありますよね? だから、デートを何度もすることって大切。そのためにも、お店選びは慎重になってほしい。寒い冬はあったまれる鍋が嬉しいし、春は桜が見えるお店、ポカポカだったらテラスでの食事もいいですよね。“何を食べるかよりも、テーマを決めること”が女子の心に響きます。たとえば、季節に合わせたチョイスは取り入れやすいですよ。

あとは、女子にとって“初体験”は高ポイント! 初めて行く、初めて食べる…そういう体験をデートプランに入れられるように、女子の会話に耳を傾けてほしいです。47歳の私の彼は、高架下の居酒屋さんやカップルシートで映画を見る、釣り堀…と、趣向を凝らして私に初体験をたくさんくれたんです。私も大はしゃぎしちゃったし、ステキな思い出になりました。女子が楽しめるデートを繰り返していれば、“一緒にいて楽しい人”と思われてどんどんあなたにハマっていくと思います」

最後にアドバイザーからひと言

「“また会いたい男”とは、女子に初体験を提供できる男のこと」

Text by Yoko Takahashi