四谷三丁目・ジビエ Carnevino(カルネヴィーノ)
- 舌の肥えた肉好きへ 間違いのない名店 -

アットホームな空間で嗜む旬の肉とワイン

四谷三丁目の閑静な住宅街に佇む一軒家レストラン「CARNEVINO(カルネヴィーノ)」は、2014年度版の『ミシュランガイド』で、ビブグルマン(星はつかないがコストパフォーマンスの高い食事を提供する調査員おすすめのレストラン)に選出された名店だ。「肉とワインを愛する全ての方へ」をコンセプトに、上質な肉と選りすぐりのワインを提供。店名もイタリア語の「CARNE(カルネ)=肉」と「VINO(ヴィーノ)=ワイン」を組み合わせた造語になっている。

四谷三丁目・ジビエ Carnevino(カルネヴィーノ) イタリア国旗と黄色い看板がさり気なく掲げられた外観 看板メニューは、和牛、鶏、羊のほか、鹿や猪などのジビエといった旬の肉を盛り合わせた「カルネミスト」(1人前2,300円~。写真は3人前)。弾力があり、淡白ながらコクのある味わいのウサギのもも肉や、ジューシーで噛みごたえのあるエゾ鹿のロースト、濃厚でクリーミーな味わいの仔羊ロースト、噛むごとに肉の旨みが溢れ出す黒毛和牛など、個性的な面々が皿の上で共演。彩り豊かな旬の野菜も添えられていて、「お客様に楽しいひとときを過ごして欲しい」という市川英明シェフの思いが存分に込められている。ウサギのもも肉×バジルソース、エゾ鹿×ベリーソース、黒毛和牛×バルサミコソースといった味付けも絶妙だ。常連になると、熊や山鳩、鴨、野ウサギなど珍しいジビエに出会えることもあるとか。 ※ジビエ=狩猟により食材として捕獲された野生の鳥獣肉。高タンパクかつ低カロリーな食材として、近年日本国内でもジビエを出す店が増えている。 四谷三丁目Carnevino(カルネヴィーノ)カルネミスト 看板メニューの「カルネミスト」 四谷三丁目・ジビエ Carnevino(カルネヴィーノ)市川英明シェフ 市川英明シェフ ワインは、その日オススメの赤3種、白3種の自然派ワインを用意。肉との相性はもちろん、旬の魚介や野菜を使ったアラカルトメニューとの相性も抜群。「市川シェフのお任せコース」(7,200円)では、「カルネミスト」のほか、最高級クリームチーズを使用した人気のドルチェ「半熟のチーズケーキ」も味わえるので、前菜からドルチェまで楽しみは尽きない。 四谷三丁目・ジビエ Carnevino(カルネヴィーノ)

Text by Issi Akagi