ビームスが考える“ビジネス小物の最前線”
- メンズファッション通信 -

ビームスが考える“ビジネス小物の最前線”

本連載企画「Buyer’s EYE」では、ファッションの潮流を知り尽くしたセレクトショップのバイヤーの方々に、各シーンのトレンドを語っていただく。
第2回は、ヨーロッパのクラシックをベースにハイクオリティな大人のためのウェアが揃う、ビームスのメンズドレス ディレクター吉田周平さん。
今回は、この春のビジネススーツに合う小物選びのトレンドを教えてもらう。

ビジネス小物におけるトレンドを教えて下さい -ビジネス小物におけるトレンドを教えて下さい- 吉田「Vゾーンの主役となるタイですが、今季選ぶべきはプリント物です。中でも注目はペイズリーなどのモチーフ柄やジオメトリック柄。英国調の少しお堅い印象をお持ちの方もいるかと思いますが、今季は大柄や鮮やかな発色など、力を抜いて合わせられるものが出ています。バリエーションも豊富に揃いますが、狙い目はスーツのトレンドカラーと同様のブルー。トーンのバランスは、スーツのブルーを10としたら、シャツは3、タイは5くらいの濃さにするときれいにまとまります」 BEAMS(ビームス) 右/Franco Bassi(フランコ バッシ)¥17,000 中/Luigi Borrelli(ルイジ ボレッリ)¥18,000 左/Holliday & Brown(ホリデー&ブラウン)¥16,000 -バッグではいかがでしょう- 吉田「スーツのカジュアル化に合わせて、バッグもカッチリとした堅い素材感ではなく、柔らかい素材感が人気を集めています。このシボ感が特徴のレザーを使ったバッグは、色こそ重厚な黒ですが、質感は柔らかくサイズもコンパクトで軽い印象に。コットンスーツとも馴染みます。財布の場合は、もう少し遊びを効かせてスーツに合わせたブルーを選ぶのも良いでしょう。レザーの場合色の印象が強まるので、表はダークネイビーくらいにしておくと、ビジネスにも馴染みます」 BEAMS(ビームス)トフ&ロードストーン ブリーフ/Toff & Loadstone(トフ & ロードストーン)¥38,000 W37×H28×D6cm クラッチバッグ/Toff & Loadstone(トフ & ロードストーン)¥27,000 W28×H21×D5cm BEAMS(ビームス)ウォレット Beams F(ビームスF)¥25,000 W9.5×H19×D2.2cm -シューズでは?- 吉田「春夏シーズンということもあり、ビジネスでも紐靴ありきではなく、スリッポンという選択肢も視野にいれると面白いと思います。スーツはタイドアップしつつ足元にはヌケ感をといったスタイルは、明るいブルーの清涼感やコットンスーツの軽快感ととても似合います。日本のビジネスには向きませんが、最近のイタリアでは素足にスリッポンといった、より軽快な印象のスタイルが多く見られます」 BEAMS(ビームス)エンツォ ボナフェ Enzo Bonafe(エンツォ ボナフェ)¥97,000 問い合わせ先:ビームスF 03-3470-3946

Photos by Jun Iimura Text by Masafumi Yasuoka