20代女子に聞く!モテオヤジの条件/年下女子が指摘する「非モテオヤジ化」言動3つ
- 見直してモテ度アップ!40男のNG集 -

年下女子が指摘する「非モテオヤジ化」言動3つ

40代にもなると、周りの男友だちは結婚し、合コンや飲み会が以前ほど開催されなくなる。“最近会話した若い女子はキャバ嬢”という男性は、危険信号だ。年上好き女子が指摘するNG言動に1つでも当てはまったら、非モテオヤジ街道を走っているかもしれない。

■今回のアドバイザー
 広告代理店勤務 Yさん 22歳

「私と遊んでくれる40代男性募集中です!」というYさん。高校生の頃から14歳年上の男性と交際していたというほど、年上好き。妹キャラのツヤ肌美女だ。

非モテオヤジは若い女子をキャバ嬢と勘違いしてる

Yさん「これまでに沢山の年上男性と知り合ってきました。だから分かるんですが、モテない40代の男性って、オジサン言動が多いんですよね。下ネタまじりのギャグを連発したり、年下の女性をキャバクラ嬢と勘違いした言動をとったり。

そういう男性は、女性のホメ方も下手。喜ばせるより不愉快な気持ちにさせていることが多いんじゃないかな?」

女子は年上男性に外見をホメられると警戒する

Yさん「見た目をやたらホメる男性は、20代女子に警戒されるので注意した方がいいです。飲みの席だと気分が良くなっちゃうんだと思うのですが『お姉ちゃんは見たときから可愛いと思ってたよ。お母さんも可愛いの? 紹介してよ』って言われたことがあって。

あと、『1回でいいから、チュウして』って必死に懇願されたことも…。キャバクラと同じテンションで会話されると、一気に“気持ち悪い!”と思っちゃいますね」

その発言が20代女子との出会いを遠ざけている

Yさん「あと、40代の男性だと保護者目線で話してくる方が多いです。もし、20代女子とデートをしたいと思っているのであれば、絶対にヤメた方がいい。自分で恋のチャンスを逃してますよ。

私が以前、言われてガッカリしたのは、『まだまだ若いんだから、寒さも大丈夫でしょ』とか『20代だしもっと遊びなよ』という発言。年の差を自ら主張する発言をされると『あ〜、私はこの人にとって恋愛対象に見られていないんだな』って思ってしまいますね」

年上好きな女子は対等に扱われるとトキメく

Yさん「ステキなオジさまは、絶対に年下女性を年下扱いしません。私たち年上好き女子たちは、“子どもカテゴリー”に入れられるのがすごくイヤなんです。オジさまに対して憧れや尊敬があるから『子どもだと思われて恋愛対象になれないのかな?』って不安になっちゃう。

だから、『一緒に居ると落ち着く』とか『大人っぽくて年の差を感じないね』っていうのは、最高のホメ言葉! 女ゴコロを理解して、ちゃんと対等に扱ってくれる人は恋愛対象になるし、トキメきますね」

最後にアドバイザーからひと言

「キャバクラ的なノリを飲み会やデートに持ち込まないでください」

Text by Unyo Mura