繧ク繝」繧ャ繝シE-PASE逕サ蜒・1_R(2)
- スーパーカーブランド【ジャガー】 -

E-PACE──ドイツ車に挑むジャガーのコンパクトSUV

世界で最も活況がある市場があるプレミアムコンパクトSUV市場。代表的な車種では、BMW『X1』、メルセデス・ベンツ『GLA』、アウディ『Q3』などがしのぎを削っている。そこに新しく名乗りを上げたのが、イギリスの高級車メーカー、ジャガーだ。すでに世界各国でハイパフォーマンスSUVの『F-PACE』が成功を収めているが、今回発表されたのはその下に位置するセグメント。その名は『E-PACE』だ。

「スポーツカーのような外観」「ジャガーのパフォーマンス」を融合した『E-PACE』

ジャガーのデザインディレクター、イアン・カラム氏の言葉を借りると、『E-PACE』は「スポーツカーのような外観とジャガーが誇るパフォーマンスを融合した車」である。

「スポーツカーのような外観」は、流れるようなルーフライン、大胆に傾斜したリアウィンドウとスポイラーの組み合わせに代表される。足回りに 21インチアロイホイールを組み合わせることで、躍動感も兼ね備えた。
コックピットは運転手を取り囲むような形状で、まさにドライバーファーストだ。スポーツシフトギアセレクターを採用することで、軽快な操作を実現している。

また、頭上に目をやれば、パノラミックルーフから望む空や差し込む光や光が、室内を開放感溢れる空間に演出。ナイトドライブでは、カスタマイズ可能なインテリアムードランプが室内を彩る。このランプは、好みに合わせて10種類のカラーを選択可能で、柔らかな光がインテリアのディテールを引き立ててくれる。

ボディサイズは全長4395mmと、全長4740mmの『F-PACE』と比べるとひと回りコンパクト。しかし、実際に乗車するとリアのレッグルームに余裕があり、5人が快適に座ることができる。また、インテグラルリンク式リアサスペンションを最小化することにより、ベビーカーやゴルフクラブセット、大型のスーツケースも積み込める広いラゲッジスペースを実現した。

『E-PACE』は誰もが気軽に操る歓びを愉しむことのできるプレミアムコンパクトSUV

「ジャガーが誇るパフォーマンス」とは、走行性能の高さのことだろう。パワートレインは、「インジニウム」と名付けられたパワフルで効率的なオールアルミ製エンジン。ガソリンおよびディーゼルが展開される。

ガソリンエンジンは2種類。いずれも2.0Lのターボチャージャー付き4気筒だが、最高出力が250psと300psに分かれる。300psのエンジンは、0-100km/h加速6.4秒、最高速度243km/h(電子リミッター制御)を発揮する。ディーゼルは最高出力180psのみ。全輪駆動でCO2排出量124g/kmと環境に配慮した。

サスペンションには『F-PACE』やラグジュアリーセダンの『XF』も採用している「コンフィギュラブル・ダイナミクス」を搭載。「スロットル」「オートマチック・トランスミッション」「ステアリング」「アダプティブ・ダイナミクス・サスペンション・システム」をドライバーの好みに合わせて設定することができる。

また、ドライバーの入力やボディとホイールの動きを感知し、サスペンション、とシャシー、そしてダンピングを調整することで、あらゆる条件下においてロール制御と敏捷性を向上させる「アダプティブ・ダイナミクス」も備えた。

ジャガー初となるテクノロジーもある。「アクティブ・ドライブラインAWDシステム」は、トラクションとジャガーならではの後輪駆動特性を両立するものだ。あらゆる路面条件や天候に合わせてトルクを配分し、安定性やダイナミクスを実現しながら、燃費にも貢献してくれる。

これらのテクノロジーを採用することで、誰もが気軽にドライビングプレジャーを愉しめるプレミアムコンパクトSUVへと仕上がっている。

『E-PACE』のライバルは、『X1』『GLA』『Q3』などの欧州プレミアムコンパクト勢

安心してドライビングプレジャーを享受するために、安全性能にも力を入れている。ステレオカメラを搭載し、歩行者検知機能を含む先進的な「AEB(自動緊急ブレーキ・システム)」を採用。加えて、「LKA(レーン・キープ・アシスト)」「トラフィック・サイン・レコグニション(交通標識認識)」「インテリジェント・スピードリミッター」「ドライバー・コンディション・モニター」などのシステムも備えている。

また、ジャガー初となる「HUD(次世代ヘッド・アップ・ディスプレイ)」を採用。HUDはフロント・ウィンドウに大きくフルカラーで鮮明に表示されるので、従来よりも投影できる情報が66%増えたという。走行速度やナビゲーションの進行方向などの重要な情報を常時表示するだけでなく、インフォテインメントや、安全性に関する警告、その他の役立つ情報も映し出される。これらの情報はドライバーの前方視界に入る位置に投影されるため、視線をそらす必要性を少なくし、安全運転の一助ともなる。

価格は、ベースグレードである『E-PACE』が451万円で、『S』が519万円、『SE』が572万円、最上位グレードである『HSE』は620万円。おもに装備の充実度が異なっている。価格的にも、BMW『X1』、メルセデス・ベンツ『GLA』、アウディ『Q3』などと正面切った戦いとなりそうだ。

そのサイズから、都市部での使い勝手が抜群となりそうな『E-PACE』。スマートでスタイリッシュなライフスタイルを彩るお手頃な一台だ。

Text by Tsukasa Sasabayashi