繝。繝ォ繧サ繝・せ繝サ繝吶Φ繝Ч繧ッ繝ゥ繧ケ逕サ蜒・1_R(2)
- スーパーカーブランド【メルセデス・ベンツ】 -

最も贅沢なトラック──メルセデス・ベンツXクラス

ピックアップトラックはアメリカで生まれた自動車のカテゴリだ。当然、「ピックアップトラック=アメ車」のイメージが強い。しかし、近年は新興国や途上国でニーズが高まり、欧州でもピックアップトラックの販売台数が伸びつつある。日本でも、トヨタのロングセラーモデル『ハイラックス』がタイからの逆輸入により、この秋から13年ぶりに国内販売されることになった。こうしたなかで、2017年7月にブランド初となるピックアップトラックの市販モデルを発表し、11月から販売を開始するのがメルセデス・ベンツである。モデル名は『Xクラス』。最も贅沢で高級なピックアップトラックの登場だ。

日本のクルマ作りとメルセデス・ベンツのデザインが融合したピックアップトラック

『Xクラス』は、日本の技術力を駆使した強靭なボディと機能性、そこにメルセデス・ベンツのデザインを融合させたピックアップトラックだ。

じつは、『Xクラス』は純粋なメルセデス・ベンツ製のクルマではない。メルセデス・ベンツを擁するダイムラーとルノー日産アライアンスの協力関係を生かして開発され、日産『フロンティア』の後継モデル、新型『NP300ナバラ』とプラットフォームなどの基本構造を共有する。

つまり、すでに評価が確立されている日本製のピックアップトラックをベースに、メルセデス・ベンツがデザイン面で徹底的にカスタマイズを施したのが『Xクラス』ということになるだろう。

そのため、『Xクラス』は日産『NP300ナバラ』やルノー『アラスカン』とともに、アルゼンチン・コルドバにあるルノー工場とスペイン・バルセロナの日産工場で生産され、設計とデザインのみをメルセデス・ベンツが担当する。

メルセデス・ベンツらしさと機能性を併せ持つ『Xクラス』のエクステリアデザイン

ボディサイズは全長5340mm×全幅1920mm×全高1819mmで、ホイールベース3150mm、荷室の長さは1587mm。フォードのFトラックやダッジのラムトラックといったフルサイズのアメ車よりもやや小さいので、最大積載量1トンクラスのミドルサイズピックアップトラックという位置付けとなる。

エクステリアには、ツインルーバーのラジエーターグリルの中央にスリーポインテッドスターを配置したフロントマスクをはじめ、メルセデス・ベンツのSUVモデルのスタイリングが随所に採り入れられている。簡単にいえば、メルセデス・ベンツのデザインを纏った『NP300ナバラ』という印象だ。高く細いテールランプが印象的なリアパネルの中央にも、もうひとつのスリーポインテッドスターのエンブレムがあしらわれている。

とはいえ、このエクステリアはメルセデス・ベンツらしさを表現しただけのものではなく、ピックアップトラックならではの機能性も併せ持つ。リアのバンパーは荷室にアクセスする際のステップの役割を担い、その上のテールゲートは90度に開く。リアバンパーを取り外すオプションを選べば、リアゲートを180度まで開くことが可能だ。

荷台には、運転席後部の高い位置に設置されたハイマウントストップランプの下に荷台全体を照らすライトを装備。さらに、このライトが装着された大きなバーにもLEDの作業ライトなどを取り付けることができる。おそらくオプションとなるだろうが、荷室の目隠しとなるトノカバーも装備されるようだ。

ボディカラーは9色が用意され、グレードによってフロントとリアのバンパーの塗装デザインが異なる。

最上級グレード『X350d』は最高出力258psのV6ターボディーゼルエンジンを搭載

パワートレインはグレードによって異なり、4種類のエンジンと2種類のトランスミッションが用意された。

『X220d』と『X250d』は2.3Lの4気筒ディーゼルエンジンを搭載し、前者はシングルターボで163ps、後者はツインターボで190psを発揮。ドバイやモロッコといった一部の市場では、165psの4気筒ガソリンエンジンを積む『X200』も販売される。トランスミッションは6速MTか7速AT、駆動方式はFR(後輪駆動)と4WDから選ぶことができる。

さらに、2018年中期には、最高出力258ps、最大トルク550Nmを発生するV6ターボディーゼルを搭載した最上級グレードの『X350d』が導入される予定だ。

駆動方式はメルセデス・ベンツのフルタイム4WD「4MATIC(4マチック)」で、リアのデフロックシステムもオプションで選べる。トランスミッションは、これもメルセデス・ベンツ製となる7速ATの「7G-TRONIC PLUS」を標準装備。また、『X350d』はピックアップトラックにはめずらしく、「Comfort(コンフォート)」「ECO(エコ)」「Sport(スポーツ)」「Manual(マニュアル)」「Off-road(オフロード)」の5つからなるドライブモードも搭載する。

『Xクラス』の内装はどこを取ってもメルセデス・ベンツ、快適性や安全性能も充実

インテリアは、どこを取っても「これぞメルセデス・ベンツ」といった上質なデザインに仕立てられている。

スイッチ類は、『NP300ナバラ』のものからすべてメルセデス・ベンツ製のパーツに一新された。ステアリングホイール、インストゥルメントパネル、インフォテインメントスクリーンなどは、メルセデス・ベンツのSUVモデルや『Vクラス』と共通と思われ、『NP300ナバラ』よりも格段にラグジュアリーになった。

もうひとつメルセデス・ベンツらしいのは、ほかのモデルと同様に、先進機能や安全性能も充実しているところだろう。8.4インチディスプレイはCOMAND Onlineマルチメディアシステムと連動し、最新のインフォテイメントシステムにも対応。安全面では、アクティブブレーキアシスト、レーンキーピングアシスト、トラフィックサインアシスト、牽引時のスタビリティアシストなどを備える。
『Xクラス』のドイツでのベース価格は3万7294ユーロ(約480万円)。ただし、残念ながら、この素晴らしいピックアップトラックが販売されるのは、欧州、南アフリカ、オーストラリア、そしてブラジルやアルゼンチンといった地域のみ。いまのところ、日本やピックアップトラックが人気を集めるアメリカでも販売される予定はないという。

もっとも、日本でも1980年代終わりから1990年代前半にかけての四駆ブームの際、リフトアップしたピックアップトラックが若者の間で流行ったことがあった。人気と需要いかんでは『Xクラス』の日本導入もあるかもしれない。

Text by Kenzo Maya