繝。繝ォ繧サ繝・せ繝サ繝吶Φ繝・S繧ッ繝ゥ繧ケ逕サ蜒・1_R(2)
- スーパーカーブランド【メルセデス・ベンツ】 -

熟成された旗艦──メルセデス・ベンツ新型Sクラス

『Sクラス』は、いわずと知れたメルセデス・ベンツのフラッグシップモデルだ。源流は1951年にデビューしたW187型まで遡るが、「スペシャリティー」の頭文字である「S」の名を正式に冠したのは、1972年のW116型からとなる。W116型の特徴は、徹底した安全性。世界初となるABSの搭載や事故の衝撃をボディで吸収するセーフティーセル構造を採用したり、万が一の事故時に乗員を守るためにインテリアから突起をなくしたりと、最新技術による徹底した安全対策が採られた。メルセデス・ベンツいわく「車を発明した責任があるからこそ、安全を最大限優先する」。初代『Sクラス』のデビューから45年、2017年8月9日に発表された最新の『Sクラス』も、この哲学を踏襲した一台だ。

これまでの常識を覆す最先端技術を搭載したメルセデス・ベンツ新型『Sクラス』

今回発表された最新の『Sクラス』は、2013年にデビューしたW222型のマイナーチェンジとなる。とはいえ、新型パワートレインの採用やエクステリアの刷新により、これまでとは印象が異なる仕上がりとなった。なかでも力を入れたのが、安全性能を含めた最先端技術の充実だ。

メルセデス・ベンツの安全性能といえば、安全性と快適性、効率性を高次元で融合する「インテリジェントドライブ」に代表される。「インテリジェントドライブ」を簡単に説明すると、レーダーセンサーやステレオマルチパーパスカメラ、超音波センサーによって自車の周囲を常に監視する複合的なセンサーシステムといったところだ。

このセンサーシステムで、先行車両、横切る車両、後方車両、対向車、歩行者などを検出して状況を判断し、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシストすることでドライバーの負担を軽減し安全性と快適性を向上させる。

安全性では、先行車との車間距離を維持する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」に、自動再発進機能を新搭載。停止後30秒以内であればドライバーはアクセルを踏まなくても自動的に発進できる。「アクティブステアリングアシスト」も強化され、車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも周囲の車両やガード゙レール等を検知できるようになった。

ほかには、緊急時のステアリング操作をアシストする「緊急回避補助システム」、衝突時の衝撃音から乗員の耳を保護する「PRE-SAFEサウンド」などの新機能を採用。さらに、歩行者に加えて交差点での車両飛び出しにも自動緊急ブレーキが作動する「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛出し検知機能付)」も備わり、全方位の安全性を高い次元で実現している。

下は2017年4月の上海モーターショーでワールドプレミアされた際のひとコマだ。

フラッグシップサルーンらしく新型『Sクラス』は快適な走りを実現する新技術も満載

パワートレインの刷新も、大きなトピックスだ。搭載されるエンジンは、ライナップによって異なる。

ノーマルホイールベースの『S 400』には3.0L V型6気筒直噴ツインターボエンジン、『S 560ロング』『S560 4MATIC ロング』には新型の4.0L V型8気筒直噴ツインターボエンジン、『S600 long』には6.0L V12ツインターボが搭載される。ちなみに、4MATIC(4マチック)とは、可変トルク配分を行うことで、エンジンのパワーを四輪に配分するシステムのことだ。

また、これらの車種に加えて、AMGモデルも3車種がラインナップ。合計7車種から構成されている。

エンジンが紡ぎ出すパワーをより効率的に快適な走りへと昇華させる新技術も満載だ。メルセデス・ベンツにとって初の技術となる「ダイナミックセレクト/AMG ダイナミックセレクト」は、“Comfort(コンフォート)”、“ECO(エコ)”、“Sport(スポーツ)”、“Sport+(スポーツプラス)”、“Individual(インディビジュアル)”から選んだモードに応じて、エンジン、トランスミッションのシフトポイント、ステアリング特性、アクセルレスポンス、サスペンション特性などの様々なパラメーターを変化させることができる。特に、“インディビジュアル”モードでは、ドライバーの好みで自由に設定できるオリジナルのモードがカスタマイズ可能だ。

「マジックボディコントロール(ダイナミックカーブ機能付)」は、約180km/h まで路面スキャンが可能となり、さらに機能が強化された。前方15mの路面の詳細な凹凸をカメラで捉え、その路面状況に応じて瞬時にサスペンションのダンピングを制御。それによってボディに伝わる衝撃を最小限にし、フラットで極上の乗り心地を実現する。

そして、「ダイナミックカーブ機能」は、コーナリング時にバイクのライダーやスキーヤーのように車体を内側に傾けることで、コーナリング時に乗員に働く横加速度を軽減、より安定した爽快なコーナリングを実現してくれる。

新型『Sクラス』の「クリスタルルック」は、満天の星空の輝きを想起させる美しさ

エクステリアはフロントとリアを刷新。フロントでは、3本のラインが特徴的なヘッドライトを採用し、ツインルーバーとなったフロントグリルやワイドなエアインテークと相まって、精悍でダイナミックな印象を与えている。

もちろん、このヘッドライトの売りは見た目の秀麗さだけではない。カメラと4つのコントロールユニットにより、理想的な配光パターンを毎秒100回の頻度で解析。片側84個の LED を高精度で正確に配光し、道路標識の反射が起こらないように前方を照射したり、雨天時に路面からの反射を抑えドライバーに見やすい視界を提供したりできるようになった。

また、40km/h 以上では、約650m以上にわたり十分な明るさで照射して視認性を高め、安全性に寄与する「ウルトハイビーム」が備わった。

リアのLEDコンビネーションランプは、被視認性を確保しながらも、状況によって発光量を調整することで目が眩むことを防ぐ「クリスタルルック」。安全性への寄与もさることながら、満天の星空の輝きを想起させる美しさは、メルセデス・ベンツのフラッグシップに相応しい佇まいだ。

全世界のセレブリティにさらに愛されるラグジュアリーサルーン、新型『Sクラス』

インテリアは、エレガントでありながら高級感に溢れる。これまでの『Sクラス』同様に、美しいカーブを描くダッシュボードから、ドア、シートまで流れるような一体感のあるデザインが継承された。

変化がみられるのは、装備面だ。大型の「コックピットディスプレイ」や「タッチコントロールボタン付きマルチファンクションステアリング」、カラーがゆっくりと変化し続ける「64色アンビエントライト」は、より快適なドライビングの助けになることだろう。
快適装備では、スマートフォンとの連携が話題となった。「リモートパーキングアシスト」は、スマートフォンを使って車外から狭い駐車スペースや車庫への駐車操作が可能。縦列・並列駐車スペースへの駐車操作だけではなく、前進、後退もできる。また、スマートフォンで車両ドアのロック、アンロックができる「リモートドアロック&アンロック」、車両の走行距離、燃料計、平均燃費等の状態をアプリ等で確認できる「リモート(車両)ステータス確認」、駐車した車両の位置をアプリの地図上に表示「駐車位置検索」なども備える。

W222型の『Sクラス』は、“新時代のプレステージカー”として登場し、いまや全世界で累計販売台数が30万台を超える、最も選ばれたラグジュアリーセダンのひとつとなった。今回のマイナーチェンジを受けて、より熟成が進んだ『Sクラス』。さらに全世界のセレブに愛されることは間違いないだろう。

Text by Tsukasa Sasabayashi