pixta_29252822_S_R(1)
- EDを予防・対策!本当に効果がある治療法 -

普段から注意すべき! EDになりやすい生活&食習慣

40代を迎えるとEDになって悩む人も多いはず。しかし、専門家によれば、その多くがEDになりやすい生活&食習慣をもっているという。その詳細を、ED治療を行っている銀座みゆき通り美容外科メンズクリニック総院長の水谷和則さんに聞いた。

■今回のアドバイザー
銀座みゆき通り美容外科メンズクリニック 総院長
水谷和則さん

1991年、福島県立医科大学医学部卒業。東北大学医学部附属病院、福島県立医科大学医学部附属病院、美容外科専門クリニック勤務などを経て、2006年、銀座みゆき通り美容外科を開業し、同院長に就任。

勃起状態を十分に維持できなければ、それはEDの症状

そもそも、EDとはいったいどのような病気なのだろうか。

水谷さん「ED(Erectile Dysfunction)とは、勃起不全や勃起障害と訳され、性交時に満足な勃起ができない、もしくは勃起を十分に維持できない症状のことです。まったく勃起しない状態だけを指すのではなく、勃起しても途中で萎えたり、陰茎を挿入してから射精にまで至らずに縮んでしまうこともEDと呼称されています。

ストレスや緊張などの精神的プレッシャーによる心因性(機能性)ED、加齢で代謝機能低下が原因の品質性ED、服用している医薬品の副作用等で発症する薬剤性EDなど、EDには、いくつかの発症原因が考えられます」

乱れた生活&食習慣が血行不良を起こし、EDのリスクを高める

水谷さんによれば、EDを発症してしまう原因の多くは、生活&食習慣の乱れによる血行不良にあるという。

水谷さん「EDの症状は、おおむね血行不良により骨盤内の血液の流れが阻害されることで起こります。血行不良は、炭水化物・コレステロール・脂質の過剰摂取などの偏った食事、運動不足、睡眠不足、喫煙、過度の飲酒、過度のストレスなど、好ましくない習慣や環境によって起こり、ED発症のリスクが高まることにつながります。

特に食生活に関していえば、野菜をほとんど食べずに、揚げ物、肉、ラーメン、カップ麺、パンやスナック菓子が食生活の中心になっている人は、注意が必要です。揚げ物などの油っぽい食べ物は、血液をドロドロにします。また、このような食べ物はお酒との相性もよく、2つ同時に摂取することでさらに血液がドロドロ状態になります。摂取カロリーも高くなりがちなので、控えましょう。

他にも、脂肪分や塩分、糖分の摂り過ぎも同様に、血液状態を悪化させますので、摂取量をほどほどにすることが必要です」

生活&食習慣を見直して、血液をサラサラに保つことがED予防・改善につながる

EDを予防・改善するためには、日頃の生活&食習慣をどのように気をつければいいのだろうか。

水谷さん「EDの予防・改善をするには、栄養バランスの偏った食生活を変えるだけでなく、運動不足や睡眠不足など、全体的に生活習慣、食習慣などを見直して、血液をサラサラの状態に保つことが大切になります。

ストレスや疲れを溜め込まないような生活を心がけることと、血液をサラサラにする食材である野菜、青魚、海草類、大豆、納豆、黒酢、キノコ類、ネギ類、お茶を日頃の食生活に取り入れることが自分でできる唯一のED予防・対策です」

最後にアドバイザーからひと言

「EDになりたくない人は、まず自分の生活習慣を見直して改善していきましょう!」

Text by Akihiro Fukuda(Seidansha)