繝「繝医げ繝・ヤ繧」V7竇「逕サ蜒・1_R(2)

モトグッツィV7 III──生誕50周年の縦置きVツイン

第一次世界大戦の終結から間もない1921年、日本でいえば大正21年の創業というイタリアの最古参バイクメーカー「MOTO GUZZI(モトグッツィ)」。バイク好きの間では有名な存在だが、そうでない人は初めてその名を聞くブランドかもしれない。このモトグッツィ伝統の縦置きVツインエンジンを最初に搭載したのが、1967年に登場した名車『V7』だ。それからちょうど半世紀。生誕50年のメモリアルイヤーを迎えた『V7』が第3世代へと進化した。

創業は大正21年、3人の男の友情に捧げられたモトグッツィの「アクイラ」のエンブレム

老舗バイクメーカーのモトグッツィは、無類のバイク好きであったエンジニアのカルロ・グッツィが、第一次世界大戦の勃発によりイタリア軍に招集されたことをきっかけに始まった。

空軍に配属されたカルロは、ここで戦前から名のしれたレーシングライダーだったジョバンニ・ラベッリ、資産家の御曹司であったジョルジオ・パローディの2人と出会い、「戦争が終わったらバイクメーカーを興そう」と誓い合う。しかし、創業時のモトグッツィは、なぜかカルロとジョルジオだけとなっていた。3人の夢だったバイク作りだが、じつは戦争終結から数日後、ジョバンニは戦闘機のテストフライト中の事故で亡くなっていたのだ。

そして、1920年にプロトタイプの開発に成功し、「MOTO GUZZI」が誕生。そのエンブレムには、イタリア空軍の象徴であり、ローマ帝国に由来する翼を広げた鷹、「アクイラ(イタリア語で鷲の意)」が描かれた。これは、夢半ばにして世を去ったジョバンニとの友情に捧げられたものだという。なんとも、男心をくすぐるエピソードではないか。

1970年代の色合いからインスパイアされたカラーのモトグッツィ『V7 IIIストーン』

『V7 III』シリーズは、1967年にデビューした画期的な縦置きVツインエンジン搭載した最初のモデル、『V7』から第3世代にあたる新シリーズだ。日本市場には、それぞれ異なる個性を持つ「Stone(ストーン)」「「Racer(レーサー)」「Anniversario(アニベルサリオ)」の3機種がラインナップされた(上のタンデムの写真のモデルは「Special(スペシャル)」で、こちらは日本未導入)。

『V7 IIIストーン』は、いまバイクシーンでトレンドとなっているマットブラック仕様を施したダークバージョン。タンクには、典型的な70年代の色合いからインスパイアされたサテン仕上げのカラーが4種類用意されている。

また、『V7 IIIストーン』は、『V7 III』シリーズで唯一、キャストホイールと丸形シングルディスプレイメーターを装備。80年代のバイクブームを謳歌したリターンライダーなら、思わず撫でてしまいたくなるようなルックスとなっている。『V7 IIIストーン』の価格は109万8000円(税込)だ。

1971年の初代V7sportシリーズを思い起こさせる『V7 IIIレーサー』のグラフィック

『V7 IIIレーサー』は、赤いイーグルマークが映えるサテン仕上げのクローム燃料タンク用に新しいグラフィックを採用。「レッドフレーム」のニックネームを持つ、1971 年の初代『V7 Sport』シリーズを明確に意識したものだ。

『V7 IIIレーサー』のスポーツ性は、セパレートハンドルとストッパー付きシート、ナンバープレートでさらに引き立てられている。シートは、シングルシーターのスポーツバイクのルックスを持っているが、新バージョンは2人乗りの設定となっており、シートカバーは簡単に取り外すことができる。

この“ファクトリースペシャル”の特筆すべき、大きな特徴のひとつとなっているのが、広範囲に渡って使われているブラックアルマイト仕上げのアルミ材だ。高度な職人技が必要とされるこの手作業の処理は、新しいサイドカバーとスロットルボディガードを印象づけている。

スポーツライディング時に優れたパフォーマンスを約束する、オーリンズ製新型ショックアブソーバーも採用され、そのスタイルに見合った走りを披露してくれる。『V7 IIIレーサー』の価格は139万8000円(税込)。

世界1000台限定、生誕50周年を祝う真のスペシャルモデル『V7 IIIアニベルサリオ』

そして、『V7 IIIアニベルサリオ』は、『V7 III』シリーズの生誕50周年を祝う真のスペシャルモデル。全世界1000台限定という、希少なリミテッドバージョンである。

すぐに目がいく精悍なクロームメッキ仕上げの燃料タンクとまったく新しいデザインのレザーシートは、このモデルだけの特別仕様だ。また、アルミ削り出しのロック式燃料キャップ、ブラシフィニッシュのアルミ製フェンダー、レーザー刻印のシリアルナンバー入りステアリングトップブリッジライザーといった磨きがいのある仕様も、オーナーを小躍りさせるに違いない。

細部に至るまで、本物のコレクターのためにイタリアの職人が高い品質水準で仕上げたハンドメイド仕様となっており、まさに名車『V7』のメモリアルイヤーにふさわしい特別なモデルといえるだろう。ちなみに、日本に上陸するのは限定1000台のうち、わずか50台のみ。価格は129万8000円(税込)だ。
スペックは3モデルすべて同じで、744ccの空冷縦置き90°V型2気筒OHVの新エンジンを搭載。最高出力は『V7 II』から10%アップの38 kW (52 hp) / 6200 rpm、最大トルクは60 Nm/4900 rpmとなっている。

フルモデルチェンジを受けて第3世代へと進化したイタリア最古参ブランド、モトグッツィの『V7』シリーズ。3機種ともに、すでに2017年7月から販売中だ。

Text by Katsutoshi Miyamoto