pixta_7261344_S_R(2)
- だるさ・ニオイ・しみ‥残暑のボディケア -

入浴するだけで汗臭さがサッパリ! 炭酸風呂で体臭&加齢臭対策

まだまだ汗ばむ機会も多い、この時期。デオドラント対策に頭を悩ませる40男も多いのではないだろうか。夏のべたつく汗や皮脂汚れを落とすのに効果的な入浴法に、“炭酸風呂”がある。気になる男の汗臭にも効果が期待できるという、炭酸風呂の効能や入浴法について、炭酸美容家の高橋さんに話を聞いた。

■今回のアドバイザー
炭酸美容家/薬事コンサルタント
高橋弘美さん

炭酸美容の第一人者として雑誌、テレビ、ラジオ等メディアに多数出演。「炭酸美容セミナー」や「コスメを読むセミナー」を全国で開催、幅広い女性からの支持を得ている。シーオーツープラス株式会社代表取締役社長、「炭酸水でツルふわ肌に(扶桑社)」

炭酸風呂で入浴するだけ。簡単、男の体臭、加齢臭対策!

そもそも“炭酸風呂”とは、どのようなものなのだろうか?

高橋さん「“炭酸風呂”とは、炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお風呂のこと。市販の入浴剤の中には炭酸入浴剤も多いので、馴染みのある方もいるのではないでしょうか。市販の炭酸入浴剤を使うのが最も手軽な方法ですが、スーパー銭湯やスパの炭酸泉を利用するほか、重曹とクエン酸を用いて、自宅でも簡単に本格的な炭酸風呂を手作りすることができます」

“炭酸風呂”のメリットはどこにあるのだろう?

高橋さん「炭酸風呂は身体や頭皮の汚れをスッキリ落とし、臭い対策に効果を発揮します。汗をかきやすいこの季節、体臭や頭皮の臭いについて悩みを抱える方もいると思います。臭いの要因には毛穴から出る皮脂が関係しており、毛穴から排出された皮脂が時間が経って酸化することで悪臭は発生します。そこで高濃度で炭酸が溶け込んでいる炭酸風呂に入ると、皮脂やタンパク汚れに炭酸ガスがくっつき、汚れを落としやすくしてくれます。炭酸風呂は、炭酸の働きで毛穴に詰まった皮脂を落とし、普段の入浴よりも皮脂汚れがスッキリ落ちるので、臭いの改善にもつながるわけです。

また、炭酸風呂は二酸化炭素が皮膚から血管に入っていくため、血行をよくする働きがあります。全身から二酸化炭素を吸収し、身体を温めて全身の新陳代謝を促します。血行がよくなることで、肩こりや腰痛緩和にも効果的です」

夏の汗臭さや汚れを解消する“炭酸風呂”。どんな人にオススメなのだろうか?

高橋さん「汗臭さや加齢臭などのニオイが気になる人には、炭酸風呂は絶対にオススメです。また炭酸は毛穴を引き締める効果もあるので、年齢を重ね、毛穴の開きが気になる人、皮脂過多の人にもトライしていただきたいですね」

炭酸風呂の効果的な入浴法は、ぬるめのお湯にゆっくり、長く浸かること。

気になる“炭酸風呂”の効果的な入浴法や、注意点について聞いた。

高橋さん「炭酸ガスは時間の経過などでどんどん抜けてしまうため、注意点がいくつかあります。まず、炭酸風呂の温度は40度以下にしましょう。これは、水温が熱すぎると炭酸が抜けやすくなってしまうからです。効果的に入浴したいのであれば、追い焚きや足し湯、湯温キープもNG。理想的な入浴法は、半身浴で20分程度、38度くらいのぬるめのお湯にゆっくり浸かることです。入浴中は水分補給をこまめにするよう心がけてください。また、 頭皮の汚れも落ちますのでそのまま頭皮(後頭部)を、炭酸湯に1〜2分浸けて頭皮マッサージをすると手軽にヘッドスパ気分を味わえますよ」

市販の炭酸入浴剤を使うだけでなく、自分でつくることもできるという“炭酸風呂”。その方法とは?

高橋さん「手作り炭酸入浴剤は、まず多めに重曹とクエン酸を用意してください。そして、40度で半身浴ほどにためたお風呂に重曹250gをかき混ぜてよく溶かし、次にクエン酸210gを湯船全体に溶かします。 炭酸ガスがシュワシュワ発生すれば完成。休日などにゆっくり半身浴をしたいときは、ちょっと贅沢な手作り炭酸泉を試してみてはいかがでしょうか」

最後にアドバイザーからひと言

「簡単にできる美容法なので、男性もぜひ炭酸風呂で入浴を楽しんでみてください」

Text by Akeno Kataoka(Seidansha)