LONGRAIN_01_R(2)
- まるでエンターテイメント!大人の外食遊び -

日本初上陸のモダン・タイ・レストラン「Longrain」が恵比寿にオープン

オーストラリアで人気を集めるモダン・タイ・レストラン「Longrain」(ロングレイン)が8月26日(土)、恵比寿ガーデンプレイスタワーの39階にオープンする。

本場さながらのspicy、sweet、sour、saltyな味わい

シドニー・サリーヒルズ――ここは“世界一のブレックファスト”と呼ばれる「bill’s」の本店があることで有名なエリアだが、この地に1999年にオープンしたのが「Longrain」だ。長いテーブルが特徴のスタイリッシュな広い空間と、エスニックなアジアンテイストはたちまち話題となり、オージーのみならず観光客にも人気のレストランとなった。
これまでシドニーの他に支店はメルボルンにあるだけだったが、8月に初の海外進出となる東京・恵比寿にオープンすることになった。
「spicy(辛さ)」「sweet(甘み)」「sour(酸味)」「salty(塩気)」の4つを効かせた本場さながらのタイ・レストランであるLongrainは、美しい盛り付けとフレッシュなハーブやスパイスを取り入れた刺激的なテイストが特徴だ。その味わいは、オーナーであるサム・クリスティ氏が10代後半にタイでバックパック旅行をした際に味わったことがきっかけという。クリスティ氏は「ザ・コンランショップ」を経営するテレンス・コンラン氏がロンドンで営むレストラン「クアグリーノズ」で経験を積み、シドニーのモダン・ギリシャ・レストラン「THE APOLLO」(2016年に東急プラザ銀座にオープンしている)のオーナー兼ソムリエでもある。またエグゼクティブ・シェフは「bill’s」でも活躍したグリフ・パメント氏が務める。

舌だけではなく目も楽しませてくれる“モダン”なメニューたち

Longrainのメニューをいくつかご紹介しよう。

「海老のベテルリーフ」
独特の苦みや清涼感のある「ベテルリーフ」(キンマの葉)に海老やグリーンマンゴーなどを載せたヘルシーな一皿。コショウの仲間であるベテルリーフには、口内浄化や腸の動きを活発にする働きがある。
「クライングタイガー」
炭火で丁寧にグリルされた牛肉をパクチー、ミント、チリで味を付けたとても辛いメニュー。その名も「虎が泣くほど辛い」というくらいだ。鮮烈な辛味を引き立てる、特製のホット&サワーソースと一緒に。
「グリーンカレー」
海老、ナス、ベビーコーン、バジルなど季節ごとの旬の具材をオリジナルブレンドのカレーペーストにココナッツミルク、チキンブイヨンで仕上げたグリーンカレー。辛味とスパイスの風味が絶妙にマッチ。
Longrainの料理はインスタ映えしそうな美しい盛り付けで、舌だけではなく目も楽しませてくれる。もちろんワインやオリジナルのカクテルなども充実しているので、気の合う仲間との会食やデートなど、幅広い用途に応えてくれることだろう。

Text by Tamotsu Narita