480億円消失…仮想通貨ビットコインの安全を守るブロックチェーンとは
- いまさら人には聞けない仮想通貨「ビットコイン」とは? -

480億円消失…仮想通貨ビットコインの安全を守るブロックチェーンとは

ビットコインと聞くと、2014年に起きたマウントゴックス社の約480億円消失事件を思い浮かべる人も少なくないだろう。しかしこれは、マウントゴックス社の社長の不正によるもの。そもそもビットコイン自体は、ブロックチェーンと呼ばれる技術によって守られており、安全性の高い仮想通貨なのだという。詳しい話を専門家に聞いた。

■今回のアドバイザー

株式会社ビットポイントジャパン
代表取締役社長・小田玄紀さん

ビットコインをはじめ、イーサリアムなどの取引所であるビットポイントジャパンは、口座開設はもちろん、通常の現物取引に加え、レバレッジ取引やビットポイントFX取引が行えるのが特徴。

2009年からスタートしたビットコインは改ざん不可能?

デジタル上の通貨であるビットコインは、“ブロックチェーンだから安心”という言葉をよく耳にするが、いったいどういった技術なのだろうか?

「ブロックチェーンとは分散型台帳技術のことです。従来の金融機関などは、中央サーバーで情報を管理していました。そのため中央サーバーが改ざんされてしまうと大変なことになるため、セキュリティに多額の資金を投下してきました。一方でブロックチェーンとは、情報をネットワークに繋がった人全員で共有するというものです。また、その際には『より多くの人が持っている情報』、『よりブロック情報が長い情報』が正とされます」(小田さん、以下同)

ブロックチェーンのデータは、不特定多数のコンピューターに分散して、管理されている。ちなみに、ビットコインのブロックチェーンの場合は、10分単位で記録されたデータ(ブロック)が、チェーンのように繋がっているのだとか。

「仮にブロックチェーンの情報を改ざんしようとするなら、ネットワークに繋がった人の過半数の情報を過去に遡りながら改ざんする必要があります。この行為は、現在のネットワーク社会においては非現実的で、実行するのは非常に困難なため、ブロックチェーンは安全といわれています」

ビットコイン(ブロックチェーン)はマイニングによって保持されている

ブロックチェーンの情報は、世界中の不特定多数のユーザーによって管理されていることはわかったが、なぜそういった人たちはデータ管理をしているのか?

「取引記録をブロックすることをマイニングといい、この作業によってシステム運用保守がされています。ビットコインの場合は、10分単位の記録を最初にブロックした人に、報酬としてビットコインが支払われる仕組み。新しいビットコインを受け取ることが、採掘をイメージさせることからマイニングと呼ばれていて、マイニングをしている人をマイナー(採掘者)と呼びます」

ビットコインを含む仮想通貨の発行量には限りがあるため、マイニング報酬は徐々に減少しているそうだが、法定通貨を使わずにビットコインを入手できるなら、マイニングをやってみたいところ。

「マイニングはパソコンサーバーを活用して、プログラム上の暗号キーを解明することによって行われます。大量にサーバーを利用するため、電気代の安い地域またはサーバー冷却に適した寒冷地で行われていることが多く、中国農村部やアイスランド、ロシアなどが主要なマイニング場所です。人手は必要ありませんが、サーバーの量やシステムの機能が重要で、日本での新規参入は電気代などの観点から極めて難しいでしょう」

実際に筆者もモナーコイン(日本初の仮想通貨)のマイニングを試してみたが、新規コインを掘り当てる(受け取る)までには至らず…。一般的な家庭・オフィス用パソコン1台で、気軽に報酬を受け取れるというわけではなさそうだ。

最後に小田さんはこう話す。

「ブロックチェーン技術は今後、多くの金融機関で使われていくと思われます。クラウドサービスが普及して、当たり前になったように今後のテクノロジーにおいてブロックチェーン技術は、必須なもののひとつになります」

たしかに、住信SBIネット銀行や日本銀行などがブロックチェーンの技術活用に向けて、検討・研究を開始したというニュースも報じられている。

仮想通貨やブロックチェーンの歴史はまだ浅く、不安を抱いている人もいると思うが、いつの日かこれらが日常生活に欠かせないものになっている可能性もある。マウントゴックス社を引き合いに出し、「危険だから」と敬遠するよりも、今のうちから触れてみるのもいいかもしれない。

Text by Yoshiharu Nako (KOUMUTEN)