pixta_27069998_S_R(2)
- だるさ・ニオイ・しみ‥残暑のボディケア -

夏の日焼けでできた男のシミ…効果的なケアのポイントは?

日焼けで一番怖いのが、その後で生じるシミ。年齢を重ね代謝が落ちた男性であれば、ひと夏の日焼けによるシミが、一生ついてまわる恐れもある。できてしまったシミの薄めかたや、シミを増やさないためのケアのポイントを、メンズコスメアドバイザーの野々下一美さんに聞いた。

■今回のアドバイザー
メンズコスメアドバイザー
野々下一美さん

肌の色を分析するパーソナルカラリストとして活動するかたわら、美容・コスメのライターを経験。現在はザスインターナショナルを立ち上げ、男性の美容とコスメの専門家として活動する。著書に『エグゼクティブになる人の若々しい顔のつくり方』がある。

シミができた後でも効果が期待できる美白化粧品。新陳代謝アップも忘れずに

男性でも気になる、夏の日焼けによって生じたシミ。今からでも薄くすることはできるのだろうか?

野々下さん「日焼けによりうっかりできてしまったシミには、男性の場合でも美白化粧品の使用をオススメしています。一般的に美白化粧品は、『医薬部外品』に認定されているので、アルブチン、ビタミンC誘導体など、効能効果のある成分が含有されています。“美白”と聞くと色白になるイメージがありますが、シミを薄くしてくれる化粧品でもあるので、使わない手はありません。

一方で、肌の新陳代謝を上げることも重要です。シミを薄くするには、肌表面の角質層の再生が基本となります。角質が垢となり、シミを剥離しながら落としていくのです。これを繰り返すことで、段々とシミが薄くなっていきます。効果を引き出すためには、新陳代謝を促すパックを使ったり、マッサージなどの施術を受けたりするとよいでしょう。今すぐにシミをなくしたい場合は、美容施術でレーザー治療という方法もあります」

シミ対策には、高価な化粧品よりも日頃のスキンケアのほうが重要!

当然ながら、これ以上シミを増やさないよう対策することも重要。野々下さんは、特別なケア以上に基本のスキンケアを重視してほしいという。

野々下さん「シミ対策というと、美容クリームなどの専用コスメを思い浮かべますが、実は基本的なスキンケアがもっとも大切。日頃のケアを今一度見直してください。使用する化粧品に男女の差は特にありませんが、テカリ肌が気になる男性なら、やはりメンズコスメを選ぶか、女性向けでも使用感がサッパリしたものを選ぶと良いでしょう。いずれの場合でも、『医薬部外品』と明記している美白効果のある化粧品を選ぶのがポイントです。

もちろん日頃の洗顔も重要。洗顔フォームを十分にあわ立てて、なでるように優しく洗顔し、しっかり洗い流してください。洗顔後は、パックをしたり、マッサージクリームでやさしくマッサージしたりすると、より効果的です。ただし、マッサージは強くこすると、色素沈着が起こり、逆にシミになってしまう場合がありますので、適度な強さをこころがけましょう」

入浴時のケアや日焼け止めの使い分けなど、日々の習慣改善もシミ対策に効果あり

最後に、生活習慣を含めた、シミ対策のポイントについてアドバイスをしてもらった。

野々下さん「外出時には必ず日焼け止めをつけること。また、代謝を意識して入浴時にパックやマッサージをする習慣をつけるほか、食事の際にビタミンを補給するなどを心がけると良いでしょう。

できてしまったシミを濃くしないためには、日焼け止めが必須です。夏場だけではなく、年中使うことをオススメします。日差しの強さにあわせて、日焼け止め効果の目安である“SPF”や“P+”などの数値を臨機応変に変えて使いましょう。数値が高いほど日焼け止め効果がありそうですが、この数値は日焼け止め効果を発揮する時間の長さです。あまり数値型が高いものは肌に負担がかかるので、日常生活では、SPF20程度でOKです」

最後にアドバイザーからひと言

「朝、出かける前に日焼け止めを塗る習慣をつけるといいですね」

Text by Miku Nakamura(Seidansha)