ninja-00102
- 男の隠れ家 powered by éditeur -

【男の隠れ家】海外からの観光客にも大人気「歌舞伎町で忍術修行」

大人になった今では、忍者になれるわけがないのは理解できる。
でも、子供の頃に憧れた忍者気分を味わいたい。
手裏剣を投げてみたい。
そんな人にぴったりの修行場所があった。

子供の頃の夢を叶えてくれる、忍者がテーマのレジャー施設

忍者になりたい――。男の子なら誰しも、マンガや映画の中で活躍する忍者の姿を見て一度はそんな途方もないことを夢見たことだろう。そしてそれは日本人だけではなく、忍者になりたいと願ってはるばる日本へとやってくる外国人も我々日本人が想像している以上に多い。もちろん、そんな簡単に忍者になれるわけがないのだが、気軽に忍者修行した気にさせてくれる場所が東京・歌舞伎町に誕生したという。
今にも忍者が突然現れそうな雰囲気の薄暗い道場。壁や神棚に掛けられた忍刀、鎧兜などが、より一層“らしさ”を盛り立ててくれる
「手裏剣道場 新宿 忍者からくり屋敷」は、忍者をテーマとした体験型レジャー施設。ビル4階のドアを開けると、そこはまるで500年前の戦国時代からタイムスリップしたかのような空間が現れる。スタッフはみんな忍者装束を身に纏い、様々な仕掛けが用意されたからくり屋敷で、来場者に忍者体験をさせてくれる。
代表の湯本智之さんによると、やはり外国人観光客の来場者が多く、夢にまで見た手裏剣投げや日本刀・忍刀を握って、興奮したまま帰っていく人がほとんどだとか。
忍者が使っていた忍刀。鍔(つば)が角ばって大きいのは、ここに足をかけて踏み台代わりにしていたためと伝えられる。
おそらく忍者ファンにとって一番心躍るのは、手裏剣を投げる瞬間かもしれない。手裏剣片手に大人も子供も忍者気分は一気に高揚。
入場料もひとり1000円とリーズナブルなうえ、3歳以下であれば入場は無料ということもあり、家族連れの割合も高いという。もちろん日本人の来場も大歓迎とのことなので、子供の頃の夢を叶えに一度訪れてみては。
「いつか手裏剣を投げてみたい。
子供の頃からずっと夢だった。
今はそれが叶ってハッピー。」
(体験者)
手裏剣道場 新宿忍者からくり屋敷
東京都新宿区歌舞伎町2-28-13 第一和幸ビル4F
☎03-6457-3337