繝吶Φ繝・う繧ャ 繝輔ぃ繝ォ繧ウ繝ウ繝ェ繝シ 繝舌う 繝溘Η繝ェ繝翫・逕サ蜒・1_R(2)
- スーパーカーブランド【ベントレー】 -

鷹狩りを嗜む王族へ──ベンテイガ ファルコンリー

ロールスロイスやベントレーなどの超高級車ブランドは、上顧客のなかの、さらに限られたオーナーの贅沢な需要に応えるために、特殊な装備を施した特別なモデルを仕立てることがある。たとえば、ベントレーがラグジュアリーSUV『ベンテイガ』をベースに製作した「Bentayga Fly Fishing by Mulliner(ベンテイガ フライフィッシング バイ ミュリナー)」は、釣り愛好家のためのアクセサリーを装備した特別仕様車だ。そして、2017年5月、再びベントレーは超富裕層の上顧客に向けた特別仕様車を発表。それが鷹狩り用のアクセサリーを備えた『ベンテイガ』、「Bentayga Falconry by Mulliner(ベンテイガ ファルコンリー バイ ミュリナー)」である。

アラブの王族に向けて、鷹狩りを愉しむための装備一式を備えた特別な『ベンテイガ』

「ベンテイガ ファルコンリー バイ ミュリナー」のファルコンリーとは、「鷹狩り」を意味し、ミュリナーはベントレーのオーダーメイド部門のことを指す。このネーミングが示すとおり、これは鷹狩りを愉しむための装備一式を超高級SUVの『ベンテイガ』のラゲッジルームに据え付けた特別仕立ての一台だ。

現代の日本ではあまり目にする機会はないが、ベントレーの生まれ故郷である英国では、古くから鷹狩りが貴族の娯楽やスポーツとして親しまれてきた。なかでも、アラブ諸国の人々にとって鷹は特別な存在で、鷹を持つことが一種のステータスとなっている。高価な鷹になれば、一羽数百万円から1000万円以上で売買されることもめずらしくないという。UAE(アラブ首長国連邦)では、国旗に鷹の絵柄が描かれ、国鳥に指定されているほどだ。

つまり、「ベンテイガ ファルコンリー バイ ミュリナー」は、ベントレーの上顧客である中東の超富裕層、アラブの王族に向けて作られた特別仕様車なのである。ベントレー・ミュリナー部門のディレクターも次のようにコメントしている。

「鷹狩りは、中東では王族のスポーツとして位置付けられているため、中東の大切なお客様、そして世界中のお客様にもご満足いただけるよう、実用性と耐久性だけでなく、豪華さも演出できるキットを目指しました」

ダッシュボードには430ピースの木片を組み合わせたセーカーハヤブサの美しい木象嵌

鷹狩りのための装備は、ラゲッジルームに据え付けられた「マスター・フライト・ステーション」と「リフレッシュメント・ケース」のふたつのチェストで構成。いずれも『ベンテイガ』のハッチに合わせて特別に製作された天然コルク生地で表面が覆われている。

「マスター・フライト・ステーション」にはピアノブラックの特別なウッドパネルを用いた引き出しがあり、鷹狩りに必要な用具がすべて収納可能。引き出しの下には、猛禽類用のGPS追跡ユニット、双眼鏡、鷹狩り用のセーカーハヤブサに被せる職人が手作業で作った革製頭巾、鷹匠が使う革手袋といった別売りのオプションアイテムを収納できるように仕切りが設けてある

「リフレッシュメント・ケース」には、金属製の水筒3つと頑丈そうなカップが3つ、さらにブランケット、フェイスタオルなどが用意されている。中東の王族が使用することを想定しているだけに、実用性、耐久性、豪華さなど、それぞれが際立った特別なアクセサリーだ。
キャビンにはホットスパーのレザーを採用。センターアームレストには取り外しのできる止まり木用のコルクと係留用具が備えられ、運転席と助手席の間にセーカーハヤブサが止まれるようになっている。ダッシュボードで目を引くのは、広大な砂漠を背景に天高く舞い上がるセーカーハヤブサを描いた美しい木象嵌。これは、クリ材をはじめ、ユーカリプタス・ポムレ、ヒイラギ、レースウッド、メープル、オリーブ・アッシュ、リップル・シカモアなど、世界各地から採取した木材を430ピースも使い、9日以上を費やして手作業で仕上げられたものだという。
当然ながら、ベントレーは「ベンテイガ ファルコンリー バイ ミュリナー」の価格を公表していない。ベントレーの上顧客、ましてや鷹狩りを嗜むような超富裕層にとって、価格は大した問題ではないからである。ちなみに、ベーシックモデルの『ベンテイガ』の車両本体価格は2739万円、乗り出し価格は4000万円以上となることもめずらしくない。

Text by Kenzo Maya