pixta_17759614_S(2)
- 40代から始めるジム・トレーニング -

ロングタイツは必要!? 初めてのジム・ウェア選びの最適解

初のジム通いを前に、ウェア選びで悩んでしまう人も多いはず。機能面はもちろん、ファッション面でも“やりすぎ”に見えないものを選びたいところ。ジム初心者のウェア選びについて、パーソナルトレーナーの小林素明さんに聞いた。

■今回のアドバイザー
パーソナルトレーナー 
小林素明さん

大阪市阿倍野区西田辺で個人指導専門スポーツジムのどこでもフィットを運営。健康運動指導士、マッスルコンディショナーなどの資格をもつ。運動指導歴25年でこれまでに7000人以上を個人指導。テレビ、ラジオなどのメディア出演多数。

基本はTシャツとハーフパンツ。機能面でもスウェットは避けるべき

ジム・トレーニング向けのウェアを選ぶうえで、まず気になるのが機能面。トレーニング効果を考慮すると、どんな服装を選べばよいのだろう?

小林さん「ジム・トレーニングで着用するウェアは、トレーニング効果を高めるために、関節をしっかりと動かすことができる服装を選ぶことが大原則となります。とはいえ、スウェットのようなラフな服装はNG。フィット感があって動きやすいウェアがオススメです。ダボダボした服装だと、走っているときに転倒するリスクが増えて、致命的な怪我をしてしまう可能性があるからです。

具体的にいえば、吸汗性、速乾性もあるTシャツ、ハーフパンツがおすすめです。ジム内では空調の管理がされてはいるものの思った以上に汗をかきます。そのため、風邪防止や臭い防止のためにも汗の量を抑えることが重要なのです」

メーカーの統一感も大事! “やりすぎ”に見えないおしゃれなウェアの着こなし術は?

機能面の基本をおさえたところで、やはり気になるのがファッション面。素人っぽすぎず、かといって“やりすぎ”な印象を与えない着こなしについて、アドバイスしていただいた。

小林さん「ジム通いに慣れてくれば、おしゃれにトレーニングウェアを着こなしたいものです。最近の傾向で言えば、ロングタイツを履いて、その上にハーフパンツ、Tシャツのスタイルが間違いないチョイスといえるでしょう。さらに、ウェアのメーカーも揃えた方がベターです。ウェアの色も派手目なものではなく、落ち着いた色の方が大人っぽく見えておしゃれだと思います。

また、体格に自信がついてくれば、タンクトップを着てみるのもオススメです。トレーニングで鍛え上げた筋肉を見れば、ジムに通うモチベーションもさらに上がります」

ロングタイツには疲労回復や疲労軽減、怪我防止の効果も!

ファッション的にもオススメのロングタイツだが、機能面でのメリットも大きいという。

小林さん「ロングタイツはコンプレッションウェアともいい、脚を適度に締め付けることで疲労回復の効果を期待することができます。運動で脚に溜まった疲労物質は、ふくらはぎの筋肉を使って押し戻す筋ポンプ作用が必要となります。そこでコンプレッションウェアを履いて圧力を外から加えることによって、疲労回復を早めることができますし、むくみ解消にもつながります。また、圧力による運動時の筋肉の無駄な動きを抑えることで疲労軽減、怪我防止の効果も期待できますよ。

通い始めはロングタイツを履くことに抵抗があるかもしれませんが、おしゃれに着こなせる上に、より効果的なトレーニングになります。ぜひ履いてみてジムのトレーニングに励んでください」

最後にアドバイザーからひと言

「初めてのジムでのトレーニングウェアは身体にフィットして、吸汗性と速乾性に優れたものを選びましょう」

Text by Akihiro Fukuda(Seidansha)