40代のアク抜きダイエットテク/薄毛の人にオススメのヘアスタイルとは?
- あきらめない!薄毛の予防・対策・ヘアスタイル -

薄毛の人にオススメのヘアスタイルとは?

加齢と共に寂しくなりがちな頭髪。40代男性の中には、薄毛の悩みを抱えている人も少なくないだろう。でも、そんな薄毛を活かしてこそ「カッコいいオヤジ」になれるヘアスタイルがきっとあるはず! 薄毛の悩みを解決してくれるヘアスタイルについて、薄毛専門ヘアサロン「スヴェンソン」の北村芳浩さんに提案してもらった。

■今回のアドバイザー
 株式会社スヴェンソン メンズ事業部
 北村芳浩さん

薄毛専門ヘアサロンの「スヴェンソン」でスタイリストを経たのち、現在はメンズ事業部の広報。サッカー解説者松木安太郎さんのスタイリングも担当している。スヴェンソンは、薄毛の人に似合うスタイリングを提案するだけでなく、増毛サービスも提供。全国の薄毛に悩む男性の悩みへアドバイスを行っている。
「薄毛をもっとカッコよくする男のヘアケアサイト MENS HAIR.jp」

薄毛の人は要注意の「NGヘアスタイル」は?

北村さん「男性の薄毛は“生え際から後退するM型”と“頭頂部が薄くなるO型”の2パターンに分類されます。なかには、これら2つの薄毛が同時に進行するパターンも。

M型・O型、どちらのタイプの薄毛にも共通する『NGヘアスタイル』は、“薄い部分を別の部位の髪で隠す”こと。コンプレックス部位を隠したくなる気持ちは分かりますが、次のようなNGヘアスタイルは一層薄毛を目立たせてしまう事も…。自身のヘアスタイルが当てはまっていないか、確認してみて下さい。

●少ない前髪をのばして広いおでこを隠す
生え際が後退してきたM型の方がやりがち。おろした前髪が割れておでこがちらりと覗くと、薄い部分が広く見えて目立ってしまいます。

●長くのばしたサイドの髪で頭頂を隠す
O型の人にありがちな、耳の上あたりの髪を反対側の耳に届くくらいまでのばして隠す“1:9分け”のヘアスタイル。後頭部の髪をのばすバリエーションも。不自然な分け目で奇抜な印象を与えてしまいます。

●スキンへッドやスポーツ刈りのような超短髪
意外に盲点なのが、「薄くなったら坊主にするからいいや」という考えでスキンヘッドなどにした場合。極端な短髪は毛穴が丸見えに。薄毛の進行具合が如実に分かるので、注意が必要です。

●真っ黒なヘアカラー
日本人は黒髪が肌の色とのコントラストが濃くなり、薄毛が目立ってしまいます。髪色は金髪の外国人のように、肌色に近いほど薄毛が目立たなくなるのです」

髪のボリューム・カラーの濃淡差をなくすのがポイント

北村さん「薄毛を目立たなくするヘアスタイルのポイントは、『濃淡差をなくすこと』。例えば、頭頂部や生え際に比べると後頭部や両サイドの髪は薄くなりにくいとされています。しかし、薄毛を意識したカットをしないと、サイドの髪は多いのに中心部が薄いなど濃淡差が大きくなってしまい、その結果薄毛が目立つNGヘアスタイルになってしまうのです。

そこで薄毛の方にオススメなのは、濃い両サイドの髪の毛をすいたり短くカットしたヘアスタイル。サイドの髪のボリュームを薄くなっている部分にあわせることで、濃淡がなくなり全体的な印象としては薄毛ではなくなります。

O型薄毛の方は、ソフトモヒカンと呼ばれるトップの薄い部分に髪を集めるようなスタイル。M型薄毛の方は、思い切っておでこを見せるように短めに髪を立たせるスタイルがいいでしょう。短めの髪は清潔感があり、ボリュームも出やすくなります。毛先は揃えずに、ギザギザになるようにカットするのがコツです。

また、肌色に合うような茶色やゴールドなどのカラーリングにすると、コントラストをぼかせますよ」

ヘアスタイル次第で、印象は若々しく変わる

北村さん「薄毛だからと諦めずに、へアカットやスタイリングを変えるだけで印象は若々しく素敵に変わります。仕事で毎日忙しく自分のことなど後回しの40代50代の皆さんも、ほんの少しだけ自分のイメージを向上させるために、ご自身に似合うヘアスタイルを探してみて下さいね」

最後にアドバイザーからひと言

「薄毛を目立たせないヘアスタイルで、見た目年齢を若返らせよう」

Text by Takumi Arisugawa

「薄毛をもっとカッコよくする男のヘアケアサイト MENS HAIR.jp」