【おとなの週末】東京近郊のブルワリーレストランで地元メシを楽しもう
- おとなの週末 powered by éditeur -

【おとなの週末】東京近郊のブルワリーレストランで地元メシを楽しもう

休日に足を延ばして訪れたい東京近郊のブルワリーレストラン。「電車で行ってよかった〜」を実感できます!

蔵+蕎麦 な嘉屋(茨城・那珂市) クラフツマンシップあふれる日本酒蔵のビールと蕎麦

初夏の季節蕎麦は大洗で揚がるしらすを使った「しらすおろし蕎麦(1382円)」。「ホワイトエール(702円)」と抜群の相性。
茨城県が誇る蕎麦品種「常陸秋そば」と地元ビールを旅気分で味わいに出かけよう。世界50か国以上で愛される人気ブランド『常陸野ネストビール』を造るのは、創業190余年を数える日本酒蔵『木内酒造』。その趣ある蔵の敷地内に蕎麦処『な嘉屋』がある。外一蕎麦のほか、酒蔵ならではの水の代わりに日本酒で打つという酒蕎麦は、のど越しがよく香りも清々しい。 刺身や常陸牛、自家菜園の野菜など地元産にこだわるおつまみも充実。大正時代に建てられた日本酒蔵を散策したら、蕎麦+ビールでのんびりしたい。
少し離れた額田醸造所は要予約で見学可。
「な嘉屋の特選常陸牛ローストビーフ(1982円)」は地場産柑橘を使う爽やかな「だいだいエール(702円)」とマッチ。
手作りビール工房も楽しい(要予約)
お土産の買えるショップもある。
樽生はホワイトエール、ラガー、季節のビール、ボトルビールは12種類揃う。

ホワイトエール、だいだいエール、常陸野ネストラガー:各生ビール702円、ボトル756円。

店舗情報

【酒】
生ビール:702円   ボトル756円~
日本酒:518円〜
焼酎:604円

【その他のメニュー】
もり蕎麦928円、旬の野菜のかき揚げ1350円、平日ランチだけの酒蔵コース1836円、夜のコース2030円〜
住所:茨城県那珂市鴻巣1257 木内酒造
電話:029-298-0105
営業時間:11時半~14時半、金〜日、祝11時半~14時半、17時半~19時半LO
定休日:無休
席:テーブル58席
全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代なし
アクセス:JR水郷線常陸鴻巣駅から徒歩7分

ブルワリー&レストラン オラホ(長野・東御市) 日本アルプスを望む高台でブルワリー直送ビールをグビッ!

「牛ホホ肉の赤ワイン煮(1944円)」はコクのある「アンバーエール(810円)がよく合う。
かつて一大ホップの名産地だったという長野県東御市。ビール造り20年の小規模ブルワリー『オラホビール』はその小高い丘の上にある。ブルワリー併設レストランは富士山から日本アルプスまでをどどんと一望できる景観が圧巻。フレンチのシェフが腕を振るうメニューには、信州サーモンから鹿や豚、地元農家の野菜など、食材の宝庫・長野の味覚がずらりと並ぶ。
数々の賞を獲得しているオラホビールと地元食材の最強タッグ。それを高原の澄んだ空気の中で味わえば「プハァ、サイコー!」となること間違いなし。
レストランからはブルワリーが見える。
同じ敷地内にあるお土産が買える売店にも立ち寄りたい。
できたてのビールが味わえる。
「信州サーモンのソテー(1512円)」と「『鹿』もも肉の生ハムと豚タンのピクルス盛合わせ(1188円)」は、優しい味わいの「ケルシュ(810円」と。
眺望が抜群。
定番のほか、季節替わりのビールもリリースされる。

ペールエール、ケルシュ、アンバーエール(各810円)

店舗情報

【酒】
ビール ハーフパイント:540円~
ワイン:540円~
日本酒:648円
焼酎:540円~

【その他のメニュー】
ランチ:ジビエカレー1080円、本日のパスタ1080円〜、ディナー:サーモンのカルパッチョ1188円、じゃがいもベーコン炒め702円
住所:長野県東御市和3875
電話:0268-64-0003
営業時間:11時半~14時LO、17時半~20時半LO、土・日・祝11時半~15時LO、17時半〜20時半LO※悪天候等で営業時間の変更あり
定休日:水曜日
席:テーブル70席
全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代なし
アクセス:しなの鉄道田中駅または大屋駅から車で10分