pixta_24200185_S(1)
- ゴルフ場予約からアイテム選びまで。40男のゴルフ! -

【ゴルフ】ドライバーの飛距離をアップさせるコツは?

ティーグラウンドから遥か遠くのグリーンへと打ち放つ爽快なドライバーショットは、全てのゴルファーにとっての憧れ。ドライバーの飛距離が伸びれば、大幅なスコアアップも夢ではない。そこで、ドライバー上達のためのコツをティーチングプロの堀尾さんに伺った。

■今回のアドバイザー
ティーチングプロ
堀尾研仁

1971年4月16日生まれ。岐阜県出身。デビッド・レッドベター氏に師事し、ゴルフティーチングの世界に入る。1997年よりデビッドレッドベターゴルフアカデミー公認インストラクターとして多くのゴルファーを指導。2002年にKEN HORIO GOLF ACADEMYを設立。2003年よりツアープロの帯同コーチとして活動開始。2005年には谷口徹選手の帯同コーチとして、全英オープン、全米オープン、全米プロといったメジャートーナメントにも同行。2016年は塚田陽亮選手が日本ゴルフツアー選手権に優勝。過去5名のツアープロの優勝に貢献。現在は多数のプロゴルファーの指導と共に、アマチュア向けのスクール運営、各メディアへの出演、企業向けのイベントなども精力的にこなしている。

遠心力を制する者がドライバーを制する

堀尾さん「ドライバーを打つときのスイングについて、体を大きく使えば大きな飛距離が得られると考えている人は多いでしょう。しかし、体が動き過ぎてしまうとスイングの軸が不安定になり、ミスショットの確率が高まります。実は、飛距離アップのポイントは、体の動きは最小限に留めて腕をしっかりと振ることなのです。

スイングは体と腕の2つの動きから成り立ちますが、中心である体よりも腕の運動量が大きければ、遠心力を上手く使う事ができます。バックスイングではしっかりと手首の折りと腕のねじれを意識しながらクラブを振り上げ、ダウンスイングでそのねじりを解放させてください。遠心力を利用することで最大のクラブヘッドスピードが生まれて、飛距離アップが可能となります。

また、飛距離アップの為に必要なスイング技術としては、インサイド軌道でボールをインパクトすることも大切です。インサイド軌道とは、クラブヘッドがボールの内側(体の側)から入り内側に抜けていくスイング軌道のこと。インサイド軌道でボールを打ち出すことで、ボールがスライスせずにまっすぐに勢い良く飛んでいきます」

ドライバー購入時はフィッティングで弾道計測すべし

堀尾さん「スイングのほかには、道具の選び方もドライバーショットに影響を与えます。
ドライバーの飛距離をアップするためには、“適正な打ち出し角度”と“スピン量”が大切です。

打ち出し角度が増えると、ボールは高く上がります。低い弾道よりも、高い弾道の方がキャリー(空中滞在距離)を増やす事ができますが、必要以上に高い弾道では十分な飛距離が得られません。

また、スピン量が少なくなるとラン(転がる距離)が増える反面、弾道が低くなります。反対に、スピン量が増えると弾道が高くなる反面、十分なランが得られません。

打ち出し角度とスピン量のバランスが取れる道具を選ぶために、弾道計測器のあるショップでドライバーのフィッティングを受ける事をおすすめします」

「今」を楽しむことでメンタル面での余裕が生まれる

堀尾さん「クラブ選びとスイング以外に飛ばない原因があるとすれば、残りは体力面とメンタル面での問題でしょう。

体力面に関しては、筋力量を増やすことよりも、柔軟性を高めることを注意してみてください。スタート前にしっかりとストレッチをするだけでなく、プレー中にも時間があればストレッチすることで、普段よりスイングしやすくなるはずです。

メンタル面に関しては、プレー中に反省をしないことです。プレー中は、ミスをできるだけ早く忘れて次のショットに集中しましょう。次のホールのことなど、先の事を考えすぎるのも良くありません。常に“今”だけに集中することで、自分の本来のスイングをすることができるようになります。

飛距離アップは、全てのゴルファーの目標です。しかし、飛距離と安定性は相反する関係にあります。飛ばそうと思えば力みも生まれますし、メンタル面もプレッシャーがかかります。あまりに高い目標を立てすぎてゴルフが辛くなってしまうよりも、『今よりも少し飛べば合格!』という大きな気持ちで、飛距離アップと向き合ってくださいね」

最後にアドバイザーからひと言

「ヘッドスピードを高めたりキャリーを増やす以外にも、ランを増やす為のクラブ選びやスイング作りをするのも、ドライバーの飛距離をアップさせるためには現実的な作戦のひとつです」

text by Takumi Arisugawa