pixta_28138179_S_R(1)
- ゴルフ場予約からアイテム選びまで。40男のゴルフ! -

【ゴルフ】名門ゴルフクラブの会員になるには?

高級車や高級時計などと並び、大人の男のステータスの代名詞となる「名門ゴルフクラブの会員権」。選ばれし者にしか許されないイメージのある名門ゴルフクラブだが、どうすれば会員になれるのか? ティーチングプロの堀尾研仁さんに聞いた。

■今回のアドバイザー
ティーチングプロ
堀尾研仁

1971年4月16日生まれ。岐阜県出身。デビッド・レッドベター氏に師事し、ゴルフティーチングの世界に入る。1997年よりデビッドレッドベターゴルフアカデミー公認インストラクターとして多くのゴルファーを指導。2002年にKEN HORIO GOLF ACADEMYを設立。2003年よりツアープロの帯同コーチとして活動開始。2005年には谷口徹選手の帯同コーチとして、全英オープン、全米オープン、全米プロといったメジャートーナメントにも同行。2016年は塚田陽亮選手が日本ゴルフツアー選手権に優勝。過去5名のツアープロの優勝に貢献。現在は多数のプロゴルファーの指導と共に、アマチュア向けのスクール運営、各メディアへの出演、企業向けのイベントなども精力的にこなしている。

メンバーシップコースの最高峰「名門ゴルフコース」

堀尾さん「ゴルフ場の形態には、大きく『パブリックコース』と『メンバーシップコース』の2つがあります。『パブリック』は会員や非会員にこだわらず、全てのゴルファーに門戸が開かれているゴルフコースのこと。多くの人が普段パブリックコースでのゴルフを楽しまれていると思います。

一方の『メンバーシップコース』は、会員のみ、もしくは会員が優先的にプレーできるゴルフコース。その中でも“名門ゴルフクラブ”と名高い由緒あるコースでは、会員か会員の同伴がなければプレーできないことがほとんどです」

パブリックとの大きな違いは、プレー水準の高さが保たれていること

堀尾さん「会員のための施設であり、限られた人しかプレーができない名門コースと、全てのゴルファーのための施設であり、プレーヤーの数を制限しないパブリックコース。メンバーが制限されることで、両者には様々な違いが生まれてきます。

まずはプレー時間です。パブリックコースでは、営業利益を高めるためにプレー可能人数を多く設定しており、コース内での待ち時間がとても長くなったりするものです。それに比べて、ビジターの予約を多く受け付けない名門コースでは、プレー可能人数を適正にコントロールするのでコース内でも待ち時間が長くなることはなく、快適なペースでラウンドを楽しむことができます。

また、パブリックコースと名門ゴルフクラブのコースでは、コース内のマナーと雰囲気も変わってきます。パブリックコースでは誰でもプレーができるので、マナーや雰囲気が一定に保たれることが難しい場合もあります。しかし、名門ゴルフコースでは会員になる為に審査を受けなくてはなりません。マナーをしっかりと守れる人しかプレーできませんし、入会後にクラブのルールを理解するための研修会などを開催するので、コース内の雰囲気が一定に保たれます」

会員になるために必要なのは、ゴルフの腕より仕事の能力!?

堀尾さん「ゴルフを快適に楽しみたい人にとって良い事づくめの名門ゴルフクラブですが、入会する為には社会的地位が高くなくてはいけません。コースによって求められる社会的地位のレベルは変わるでしょうが、多くの場合、すでに入会して何年も経つ会員からの紹介が必要であったりと、会員になりたいからと言って会員になれるものではありません。

また、金銭面での負担も、パブリックコースで1回きりのゴルフを楽しむ場合とは天と地ほどの差があります。名門ゴルフクラブともなれば、名義を譲ってもらうなど会員権を手に入れるだけで500~1000万円以上、入会金として100万円以上、年会費として10万円以上かかることもザラ。そう考えると、名門コースの会員になりたい人は、ゴルフの腕を磨くためにがんばるよりも、仕事を頑張ることに注力したほうがいいかもしれません。名門ゴルフクラブの会員として合格できるほど社会的地位が上がれば、金額の事も気にならなくなっているはずですしね(笑)」

最後にアドバイザーからひと言

「社会的地位をあげる他、先輩会員の方達とお付き合いできる社交性とマナーを身につけることも大切。誰も知らないクラブではなく、誰か知り合いが入会しているクラブで紹介者を得るようにしましょう」

text by Takumi Arisugawa