フェラーリ125 S画像01_R(1)
- 大人のための最新自動車事情 -

125S──跳ね馬のエンブレムを掲げた初のフェラーリ

フェラーリは、最も有名なスーパーカーブランドであり、熱狂的ファンを持つモータースポーツコンストラクターでもある。クルマに興味がない人でも、一度はフェラーリの名を聞いたことがあるはずだ。しかし、フェラーリといえども銀の匙をくわえて誕生したわけではない。戦後の焼け野原からイタリアが復興していくなかで、小さな工場から出発し、「特別なレーシングカーを作りたい」という創業者の強い思いによって世界的ブランドに成長していったのだ。そのフェラーリの歴史において、重要な意味を持つのが1947年に作られた『125 S』というスポーツカー。跳ね馬のエンブレムを掲げた最初のモデルである。

エンツォ・フェラーリが『125S』のエンジンに火を入れて始まったフェラーリの歴史

1947年3月12日、フェラーリの創業者エンツォ・フェラーリは、自身の名を冠した初めてのモデル『フェラーリ125 S』のエンジンに火を入れた。このとき、ミラノから南東へ169kmの距離にあるモデナ県中部の町、マラネッロの道路で行った『125 S』のテストドライブから、フェラーリの歴史は始まった。

それから70年が過ぎた2017年、創業70年の節目を迎えたフェラーリは、3月12日のオーストラレーシア(オーストラリア、ニュージーランド、ニューギニア、南太平洋近隣諸島)を皮切りに、世界60カ国以上で開催するアニバーサリーイベントをスタートさせた。各国のイベント会場には、70周年のシンボルとして最新のスペチアーレである『ラ・フェラーリ アペルタ』が展示される。

さらに、フェラーリはこの祝賀行事に合わせ、特設ウェブサイトで『125 S』をフューチャーしたスペシャル動画をリリース。『125 S』がマラネッロのアベトーネ・インフェリオーレ通りに面したフェラーリ本社のゲートをくぐり抜け、その精神が『ラ・フェラーリ アペルタ』へと受け継がれる映像は、世界的に有名なスーパーカーブランドとなっても変わらない「フェラーリの伝統」を表現している。

70年間のフェラーリの輝かしい歴史のなかでも『125 S』は最も意義深いスポーツカー

スペシャル動画には、エンツォ・フェラーリ(もちろん本物ではない)がカヴァリーノ・ランパンテ(跳ね馬)のエンブレムをそっと布で拭くシーンが出てくる。これでわかるように、『125 S』はフェラーリのエンブレムを付けた最初のモデルでもあった。『125 S』に搭載されたパワーユニットは当然ながら、12気筒エンジン。設計したのはエンツォの依頼を受けてアルファロメオからフェラーリに移籍してきたジョアッキーノ・コロンボで、やはりアルファロメオのエンジニアだったジュゼッペ・ブッソなども開発チームに加わった。
テストドライブから2カ月後の1947年5月11日、『125 S』はピアチェンツァ・サーキットでレースデビューを果たす。このレースでは一時トップを走りながら燃料ポンプのトラブルでリタイヤしたが、9日後のローマ・グランプリでは40周(137km)のレースを平均速度88.5km/hで走り切って初優勝を飾った。最終的に、タツィオ・ヌヴォラーリのドライブによるパルマ・グランプリの優勝を含め、『125 S』は出場した13のレースで6勝を挙げている。

レースに勝って名声を高め、そこで得た経験と技術をロードカーにフィードバックして心を揺さぶるスーパーカーを作る──このフェラーリのビジネススタイルを考えると、『125 S』は同社の歴史上、最も意義深いモデルといえるだろう。

下の写真は、フェラーリの70周年祝賀イベントのひとつとして米ロサンゼルスのピーターソン自動車博物館で開催された「Seeing Red: 70 Years of Ferrari」(赤を見る フェラーリの70年)に展示される『125 S』。フェラーリ初期のモデルの多くは、分解されたり、別のモデルにパーツが流用されたりしたが、このシャシーナンバー「0101」の『125 S』はまぎれもない最初期の一台とされる。
創業70周年を祝うフェラーリのアニバーサリーイベントは、9月9〜10日にマラネッロで行われるスペシャルイベントでクライマックスを迎えたのち、10月12日に日本でも開催される。可能性は極めて低いが、もしかすると『ラ・フェラーリ アペルタ』とともに『125S』がやってくるかもしれない。

Text by Kenzo Maya

Photo by (C)Ferrari S.p.A.