u4ecau3055u3089u805eu3051u306au3044u30efu30a4u30f3u7528u8a9eu3092u89e3u8aacuff01u30efu30a4u30f3u306eu300cu30dcu30c7u30a3u300du3063u3066u3069u3093u306au610fu5473uff1f
- NOMOOO powered by éditeur -

今さら聞けないワイン用語を解説!ワインの「ボディ」ってどんな意味?

様々な専門用語があるワインの世界。敷居の高さを感じてしまうのもこんな専門用語ゆえかもれません。でも、一度その意味を知ってしまえば、一気に奥深いワインの世界に飛び込んでいけるきっかけにもなるはず。

今回はそんなワインの専門用語の中から「ボディ」についてご紹介します。

    目次

  • 「ボディ」とは?
  • 「ボディ」の種類
  • 「ボディ」を感じるためのおススメのワイン
  • 実際に「ボディ」を感じてみましょう!

「ボディ」とは?

レストランでワインショップで、よく耳にする「ボディ」
このボディという言葉は、特に赤ワインの味わいのことを指します。古今東西、“味”には様々な表現が存在しますが、ワインの世界では赤ワインが持つ“味わいの豊かさ”や“濃厚さ”のことを「ボディ」として表現しているのです。

「ボディ」の種類

この「ボディ」という言葉で、3つの種類の味わいを表現することができます。

フルボディ・・・しっかりした味わい

“フル”という言葉の通り、赤ワインの良さがぎゅぎゅっと詰まっているのが「フルボディ」です。その味わいは、濃厚で渋みさえ感じられるほど!でもそんな濃い赤ワインの味わいは、しっかりした味付けのお肉料理やソースをバツグンに引き立ててくれるのです。料理で使われる際にも、「フルボディ」の赤ワインならしっかり味がつくはずです。

ミディアムボディ・・・バランスの良い味わい

濃すぎず軽すぎず、フルボディ~ライトボディの中間に位置するのが「ミディアムボディ」です。赤ワインはお肉料理に合わせて召し上がる方が多いと思いますが、この「ミディアムボディ」ならお魚料理に合わせることも可能です!コースでお料理を注文する時に一本だけワインを選びたいなら、この「ミディアムボディ」の赤ワインをオーダーするのがおススメです。

ライトボディ・・・飲みやすい味わい

3つの中では一番軽い飲み心地の「ライトボディ」。赤ワインの独特の味わいが苦手な方や、あまり赤ワインを飲まれたことのない方にはこの「ライトボディ」の赤ワインがおススメです。クセもあまり感じられないため、どんな方にもどんなお料理に合わせてもおいしくお召し上がりいただけるはずです。

「ボディ」を感じるためのおススメのワイン

肉専用ワイン黒ワイン カーニヴォ

出典:肉専用ワイン黒ワイン カーニヴォ

“お肉料理専用”と銘打たれている辛口のカリフォルニアワイン。ジューシーなステーキから焼肉まで、お肉料理が大好きな方にぴったりの赤ワインです。フルボディの赤ワインからは、タンニンとスッキリした口当たりを感じることができるはず。どんな濃厚なお肉料理も、こちらの赤ワインを一口飲めばお口の中もスッキリ。重くて苦しくなりがちなお肉料理もペロリとお召し上がりいただけます。

肉専用ワイン黒ワイン カーニヴォの購入はこちら

ドメーヌ バロン ド ロートシルト ボルドー レゼルブ スペシアル

出典:ドメーヌ バロン ド ロートシルト ボルドー レゼルブ スペシアル

ワインといえば、ボルドー。そんな赤ワインの代名詞と言えるボルドーで作られるミディアムボディの赤ワインです。そんなボルドーにシャトーを構えるロスチャイルド家が醸造する赤ワインは、ファンの多いワインでもあります。フルーティーで上品な味わいは、まさにミディアムボディと言えるバランスの取れた味わい。どんなお料理にも、またチーズやナッツといったおつまみにも合う赤ワインです。

ドメーヌ バロン ド ロートシルト ボルドー レゼルブ スペシアルの購入はこちら

実際に「ボディ」を感じてみましょう!

いかがだったでしょうか?

様々な専門用語が飛び交うワインの世界ですが、一度覚えればすぐ使えそうな用語も多々あります。ワインに詳しくても詳しくなくても、レストランやワインショップで「○○ボディの赤ワインを」と言えば、ソムリエさんや店員さんにも飲みたいワインをスムーズに伝えることができそうです。
自分好みの味わいを見つけて、お気に入りの一本を見つけてみてくださいね!