u8d64u3061u3083u3093u304cu751fu307eu308cu305fu3089u8cfcu5165u3000u81eau5b85u3067u719fu6210u3055u305bu306620u5e74u5f8cu306eu6210u4ebau306eu3068u304du306bu4e7eu676fu3059u308bu65e5u672cu9152u304cu767au58f2
- NOMOOO powered by éditeur -

赤ちゃんが生まれたら購入 自宅で熟成させて20年後の成人のときに乾杯する日本酒が発売

赤ちゃんが生まれたとともに購入して、20年後の成人のときに乾杯する日本酒。そんなロマンチックなお酒があります。その日本酒は「未来へ 2017年醸造酒」。酒蔵「達磨正宗」運営元の白木恒助商店からこの度、桐箱入りでリニューアル販売されました。
 
「未来へ 2017年醸造酒」は自宅で簡単に日本酒を熟成することができるお酒です。日本酒は1年以内で飲むものというのが一般的ですが、熟成させて味に変化を生ませる「古酒」というものもあります。でも酒蔵で何年も熟成させるには、手間とコストがかかるもの。そこで「未来へ 2017年醸造酒」は、酒蔵のタンクとほぼ同じ形の瓶を使用して、中蓋のコルク栓には酒蔵自身で考案した熟成に必要な酸素を封じ込めることができるキャップを備えました。これにより自宅で簡単に熟成させることができるのです。また今回のリニューアルで桐箱入りとなり、よりしっかりとした状態で保存が可能になりました。
 

「未来へ 2017年醸造酒」は、生まれた赤ちゃんの写真、誕生日、身長体重などを入れたオリジナルラベルの作成も承っています(有料)。日本酒の文化だった「古酒」と一緒に成長して、20歳で乾杯。とてもロマンチックで素敵ですね。
 
 
「未来へ 2017年醸造酒」は他にも、結婚した方、会社を設立した方など、記念すべき出来事があった様々な方の利用が可能です。ぜひ1本、自宅で眠らせてみるのはいかがでしょうか。
 
詳しくはこちら