pixta_27885883_S_R(1)
- 40代のアク抜きダイエットテク -

男の痩せすぎはカッコ悪い! 健康的に太るためのポイントは?

生活習慣の悪化や仕事のストレスなどで、体重を不自然に減らしている男性は意外と多いはず。そんな人が健康的に太るためには、ただ食べるだけではダメ。健康的で活発な印象を与える体重の増やし方を、スポーツ栄養アドバイザーの加藤奈津美さんに聞いた。

■今回のアドバイザー
スポーツ栄養アドバイザー
加藤奈津美さん

元チアリーダーのスポーツ栄養・断食指導者。スポーツ選手や著名人など年間1000人に、スポーツ外傷専門のスウェディッシュマッサージを行う「リバティーボディトレーナー」。

40男の体重が減ってしまうメカニズムと健康リスク

加藤さん「仕事のストレスや生活習慣の悪化で痩せてしまう人の多くは、ビタミン・ミネラルなどカラダの機能を働かせるために必要な栄養素が不足している状態。一方で、体に悪影響を及ぼす食品添加物や人工甘味料を摂り過ぎている場合も多くみられます。

痩せてしまっているという状態は腸内環境が悪く、体が栄養素を吸収できるコンディションになっていないとも言えます。さらに普段から食事量が少なく内臓が鍛えられていないため、代謝が落ちていることも考えられます。一度痩せてしまうと適正体重に戻せない原因は、これらにあるといえるでしょう。こうした状態が続くと、60〜70歳になったとき、筋力不足からエネルギーを生みだすチカラが出せず、寝たきりになってしまう危険性もあります」

太るためには「スクワット」!?

加藤さん「健康的に太りたいなら、まずは脂肪でなく筋肉の量を増やすことを心がけましょう。体には全部で約600個の筋肉がありますが、そのうち約400個は下半身にあるので、そこを重点的に鍛えるのがベスト。レッグプレスマシンを使ったトレーニングやスクワットがオススメです。

普段あまり運動をしていない人は、やはりパーソナルトレーナーに診てもらったほうが確実な効果を期待できるでしょう。運動不足で体の左右のバランスが整っていなかったり、間違ったフォームでトレーニングしたりしても効果はなく、逆に腰や膝を痛めてしまうこともあるので注意してください」

栄養素をたくさん吸収するための「食事法」

加藤さん「健康的に太るためには食事の工夫も必要です。酢の物、オレンジ、梅干しなどに含まれる、胃酸の分泌を強める酢酸やクエン酸を多く摂ることで食べ物の消化を促進させ、たくさん食べられるようになります。3食のうち1食をプロテインに置き換える“一食断食”も、腸をキレイにして栄養素の吸収率を高めるので、太りたい人にはオススメです」

最後にアドバイザーからひと言

「健康は追求し続けることが大切。健康になるための感性を一生かけて磨いていきましょう」

Text by Mitsuo Okada(Seidansha)