craftedgoods01 (1)
- 40男が嗜む逸品 -

デザインと機能性の高さを兼ね備えるバッグ「CRAFTED GOODS」

スイスのデザイナーによってデザインされ、南米コロンビアのボコタで生産されている「CRAFTED GOODS」。様々なシーンで使えるモデルが揃った、洗練されたデザインと機能性の高さを兼ね備える大人のためのバッグだ。

スイスの伝統的なアウトドア、ミリタリー、ストリートの感覚をミックス

CRAFTED GOODSは2012年、スイス・ローザンヌに住む3人が新しいバッグのプロジェクトについて話し合ったことが始まりという。

本格的なアウトドアにも使えて、タウンユースにもぴったりなバッグはなかなかない。いかにもアウトドアなギアは極限まで実用性を追求したタフネスさゆえに、街中では浮いてしまうことがある。また悪天候などに無類の強さを発揮する素材は、背負ったり肩にかけたりすると形が崩れてだらしない印象になってしまう場合もある。また逆にデザイン優先のタウンユースの製品は、本格的なアウトドアでは到底使い物にならない。

しかしCRAFTED GOODSはスイスの伝統的なアウトドア、ミリタリー、ストリートの感覚をミックス、デザインとハイスペックな機能を融合させた仕上がりが特徴だ。また2way、3wayの使い方ができるバッグも多く、様々なシーンに合わせられるユーティリティを併せ持っている。本格的なアウトドア用バッグに備わるユーザーの体に合わせた細かな調節が可能となっている一方、ウェストベルトなどが取り外せる仕様になっているので、タウンユースにはヘビーデューティーすぎる部分をオミットするというスマートな使い方もできるのだ。

用途に合わせた様々なタイプのバッグを用意

ではCRAFTED GOODSの製品をご紹介しよう。いずれも15インチのラップトップが収納&ベルトで固定でき、表面は撥水ナイロンを使用。底には厚みのあるスエード生地を使用し、型くずれもしにくい。ストラップにはシートベルト用の素材が使われているので非常に丈夫だ。カラーはシンプルで飽きのこないネイビーとタンが用意されている。

特徴的なスクエアなフォルムのバックパック×ダッフルの2wayタイプ「Block」は開口部が大きく、荷物を出し入れしやすい。ショルダーハーネスは本体に収納可能で、特徴的なブロック型は背負っても型くずれしにくく、スタイリッシュな雰囲気だ。
■Block
バックパック×ブリーフケースの2wayタイプ「Tactic」。中には小物を収納できるスペースがあり、物が散逸しづらい作りになっている。バックパック用のショルダーハーネスは本体に収納できるので、ビジネスシーンでも使えるスマートさが特徴だ。
■Tactic
たっぷりとしたサイズの「Patrol」は、バックパック×ショルダー×トートという3wayタイプなので、シーンに合わせて様々にアレンジできる。上部開口部はドローコードで開閉するタイプなので、大きなものも楽々収納できる。
■Patrol
この他にもシンプルなナップサックスタイルのバックパック「ROOKIE」、タウンユースや旅先で重宝する小型のボディバッグ「Chiquita」、クラシカルで無駄のないリュックサックで手提げとしても持ち運べる「UNIT」などが揃っている。素材は撥水ナイロンやスエード、コーデュラ、リサイクルの自転車タイヤのチューブなど、アウトドアにも対応する耐久性の高いマテリアルが使われている。
■ROOKIE
■Chiquita
■UNIT
CRAFTED GOODSのバッグが作られている工場があるボゴタは、標高2640メートルという高地にある(ちなみに富士山の静岡県側からの五合目の標高は約2400メートル)。そのためとても天気が変わりやすいのだが、あらゆる天候状況の中でバッグの信頼性や耐久テストをするには最適な場所なのだという。機能的で美しいという相反する特徴は、こんなところからも生まれているのだ。

Text by Tamotsu Narita