【おとなの週末】ここでしか味わえない日本橋限定のクラフトビール
- おとなの週末 powered by éditeur -

【おとなの週末】ここでしか味わえない日本橋限定のクラフトビール

ぜひ試してほしいのが、米国で定評あるポートランドのオーガニックブルワリーがこの店のためにレシピを考案したというクラフトビール「NIHONBASHI IPA」。心地よい苦みとフルーティなテイストはどんなつまみにも合う傑作だ。そんな自社製品を看板に国内外のクラフトを揃え、朝採れの三浦野菜など食材を厳選した料理と共に提供してくれる。全粒粉を打ち粉に使って香ばしさを際立たせたピザや、30㎝はあろうかという自家製ソーセージなど、ダイナミックでリーズナブルな味わいにも感動。来年には界隈でビール造りができるよう準備中だそうで、“メイドイン日本橋”ビールも待ち遠しい。

NIHONBASHI BREWERY.

【オクラと大葉のジェノベーゼピザ 1180円】約350℃の窯で焼くピザは生地の打ち粉に全粒粉を使い、独特の風味と食感になっている。大葉を使ったジェノベーゼにオクラをトッピングして和のテイストをプラス。【岩中豚の手締めソーセージ 1180円】岩中豚のソーセージは特注の極粗挽き肉を使った自家製。目を見張る大きさに思わず歓声が上がる。【とろけるポテサラ 580円】定番のポテサラは半熟玉子が丸ごと1個のる。【ネストビールヴァイツェン 580円/NIHONBASHI IPA 980円】ビールはオリジナルのほか、国内外のクラフトを13種ほど用意。通し営業で昼から飲めるのもうれしい。
【ラザニア(昼・おかわり自由の前菜と野菜ジュース付き) 1150円】ラザニアはランチ限定。パスタの層の間には三浦野菜がゴロゴロ入ったトマト煮込みのソースがたっぷり。
「クラフトビールに合う料理を揃えています」と話す店長 下田和幸さん