LEON 5月号②
- LEON powered by éditeur -

【LEON】春爛漫!桜スウィーツなモテるひと皿

今や世界に冠たる美食都市、東京。あの子もこの子も、弛まぬ努力で日々"美味しいひと皿"を探求中。そしてもうひとつ。今の時代、"SNS映え"する見た目命なひと皿こそが大事なことだったりもするワケで……。であれば、モテるオヤジはそれを上手く使って、見た目が命のひと皿で彼女の気を引いてみるのも手。このページを写メしてお誘いすれば、思わずYES! が頂戴できるかも♥

女性シェフによるアートデザートバー 「ジャニス・ウォン」東京・新宿

世界での評価も高いシンガポールの女性パティシエ、ジャニス・ウォン。「どなた?」な顔をしたら、「そんなことも知らないなんて」とつねられちゃいますよ。彼女が日本の桜にインスパイアされ表現したのが、期間限定品「スプリングフラワー」。花びらのように軽やかに舞うタイベリーと桜のゼリー、マーブル模様のヨーグルトとイチゴのアイスケーキは、桜の香りやイチゴの甘酸っぱさが春の訪れを感じさせます。揚げた桜の塩漬けやフライドビーツを添えたのは、ジャニス好みのシュクレ-サレの表現だとか。甘い顔と塩対応とはまるでニキータですが、大丈夫、食べるアートのおかげで100%ご満悦です。

シャンパーニュの聖地、誕生「六本木テラスフィリップ・ミル」東京・六本木

ニキータの好物・新店&お花見のダブルフックでお誘いしたいのが、3月17日開業の『六本木テラス フィリップ・ミル』。フランス・シャンパーニュ地方で二ツ星に輝く実力派シェフの日本初出店です。高度な技術力で素材の魅力を引き出す料理はもちろん、特に注目なのが桜のデザート。桜風味のムースやイチゴのマルムラード、抹茶風味のチョコの葉などで繊細なニッポンの春を皿に咲かせるのは、日本人女性シェフパティシエ常時80銘柄が揃うシャンパンリストから一本を選りすぐり、繊細なデザートと合わせて彼女の心を桜色に染めちゃってくださいませ。