抜け毛を防ぐ、40オトコの頭皮ケア習慣
- 40代のアク抜きダイエットテク -

抜け毛を防ぐ、40オトコの頭皮ケア習慣

見た目の若々しさを左右するのが、毛髪の量。フサフサとした髪の毛を保つためには、普段からどのようなことに気をつければ良いのだろう? 日常的にできる頭皮ケアテクニックを、本格ヘッドスパサロン「ワヤンプリ」のヘッドスパニスト・新井悠子さんに聞いた。

■今回のアドバイザー
 ヘッドスパサロン・ワヤンプリ
 新井悠子さん

ヘッドスパサロン「ワヤンプリ」のヘッドスパニストであり毛髪診断士。ワヤンプリの本格ヘッドスパでは、髪に必要な栄養やプロの毛穴ケアなどの極上トリートメントにより、育毛効果が実感できる。店舗は梅田、なんば、京都、池袋、新宿、銀座、横浜と広範囲。
www.wayanpuri.net

血行不良が抜け毛を招く

新井さん「多くの男性が加齢とともに気になってくるのが抜け毛の量。原因としてはあげられるのは、血液中にコレステロールがたまったり、動脈の弾力性の衰えなどが招く『動脈硬化』。動脈が固くなってしまうと血のめぐりが悪くなり、結果抜け毛が増えてしまうのです。

また、加齢以外では、やはり生活習慣の乱れやストレス、過労も大きな原因になります」

抜け毛は何気ない生活習慣が原因だった!

では、どんな生活習慣が抜け毛を招くのだろうか?

新井さん「まずは『タバコ』。血流の阻害や血行不良の引き金になり抜け毛を増やす原因になります。次に『睡眠不足』。毛母細胞の分裂が低下し、髪の成長の妨げとなってしまうのです。さらに『偏った食生活』にも要注意。糖分や油分の多い食事や、アルコールの取りすぎも皮脂の分泌バランスを乱すものとなるので、抜け毛が気になる人はNGです」

「食生活」「血行」「睡眠」を改善すれば抜け毛は防げる

新井さん「上記のような生活習慣を改善するだけでも、抜け毛予防には大きな効果が期待できるはずです。

緑黄色野菜や魚や大豆製品をバランスよく食べるなど、食生活の改善には気を使いましょう。血の流れを悪くするコレステロールの働きを抑え、動脈硬化による抜け毛を守ってくれます。

また、頭皮の血行促進も重要なポイント。適度な運動や、サウナの利用などは新陳代謝を活発にするので効果的です。入浴時にじっくり湯船につかって全身を温めてからシャンプーをしたり、シャンプー前に蒸しタオルで頭皮全体を温めたりすると血行促進効果+皮脂もゆるみ汚れも落としやすくなりますよ。

最後に忘れてはいけないのが、睡眠をしっかりとること。睡眠は細胞の新陳代謝を促します。夜、体が休まりリラックスした状態では適度な成長ホルモンが分泌され、髪の発育にもつながります。せめて日が変わるまでには就寝できるようにすると良いですね。

それでも効果がなかなか表れない…という人は、プロの手を借りるのがオススメです。ワヤンプリでは毛髪診断士による無料の頭皮診断を行っています。高性能カメラを使い髪と毛穴の状態を的確に診断した上で、その人の状態に合わせて最適なヘッドスパの提案をいたしますよ」

最後にアドバイザーからひと言

「生活改善と適切なマッサージで、髪と頭皮の状態は絶対に改善される!」

Text by Takumi Arisugawa