フランク ミュラー
- 40男のモテる時計の選び方 -

タフなレザースタイルは「クラシック時計」でリッチに

男らしいレザーアウターは、40男のお洒落に欠かせないアイテム。ですが、モテたいのならば、タフな男というだけでは無難の範疇を出ません。そこには、タフでありながら大人らしいリッチ感やエレガンスといった雰囲気が必要になります。そういった時に役立つのが、クラシックな時計です。普遍の白文字盤、小ぶりなケースサイズ、シンプルでクラシカルな機構を備えた3針のモデルが、腕元からリッチを演出してくれます。

ゴールドケースならさらにリッチにキマります

淡いブラウンの色合いが魅力のスエードブルゾンに合わせたのは、ゴールドケースの小ぶりな一本。たとえTシャツでカジュアルに装っていても、腕元にエレガントな時計を合わせれば、大人にしか醸し出せない男の色気をまとったレザースタイルになるのです。黒ならステンレス、茶系ならゴールドといったように、さり気ない色合わせを織り交ぜると、なおお洒落に見栄えますよ。
ブルゾン12万円/チンクワンタ(八木通商)、Tシャツは私物

今回の時計
フランク ミュラーの「トノウ カーベックス™ マスターカレンダー」280万

小ぶりなサイズ、ピンクゴールドのケース、クラシックなデザイン、という3拍子が揃った理想的な一本は、大人の腕元にふさわしいセレクト。さらに、トノウ カーベックスによって3次元の曲線を生み出す完璧なフォルムバランスは、同ブランドの代表的モデルです。時・分・秒に加えて、センター針で日付を、中央の窓で曜日と月を表示するコンプリケーション機構を備えているのも魅力。
自動巻き、18Kピンクゴールドケース(45×32mm)、クロコダイルストラップ、日常生活防水/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)

Photographs / Chicken Shinoyama
Styling / Shinya Nakanishi
Hair&make / SAYAKA
Model / Yunosuke Komura(HEADS)
Text & Editorial / Kohei Ichimura

フランク ミュラー ウォッチランド東京:03-3549-1949
八木通商:03-6809-2183