クストス
- 40男のモテる時計の選び方 -

いまどきのスポーティなお洒落に「ハイテク時計」

時計とファッションの相性は、クラシックな時計にはクラシックな着こなし、ハイテクな時計にはハイテクなお洒落というように、そのアイテムが醸し出す印象を合わせるのが基本中の基本。ですから、ナイロン素材によるシャカシャカとしたいまどきなスポーティミックスの着こなしには、ハイテクな素材をケースに使ったモデルや、複雑な機構が見える透明のフェイス、いわばスケルトンモデルが最適です。

大人のモダンスポーティの理想形です

軽やかな印象のナイロンスーツに、スケルトンで中のメカニズムを覗かせたハイテク時計を合わせる。すると、ナイロンスーツのさらりとした素材感とスケルトンの軽やかな腕元がマッチ。装い全体のスポーティ感が強調され、“わかってお洒落を楽しんでいる”という感じが演出できます。さらに、スケルトンモデルはその複雑さから当然にしてラグジュアリーなものでもあるので、ひと目で若者のそれとは違うリッチさがにじむのです。
ジャケット3万6000円、パンツ1万8000円/ともにエストネーション、パーカ2万2000円/シーグリーン(タトラス ジャパン)、Tシャツ7000円/アンルート(アンルート 二子玉川)、サングラス3万円/モスコット(モスコットトウキョウ)

今回の時計
クストスの「チャレンジ ジェットライナーⅡ」105万円

冠した“ジェット”という名前の通り、実際の航空機体に使われるハイテク素材を使用し、軽量化を実現したモデル。ケース、ストラップなど、60を超えるパーツのすべてを見直すことで、クストスの中でももっとも軽いシリーズに仕上がっています。さらに文字盤をスケルトンにしてムーブメントを見えるようにすることで、実際の軽さだけではなく見た目の印象もすこぶる軽やかにしているのもならではの魅力。
自動巻き、ステンレススティールケース(53.7×41mm)、ラバーストラップ、100m防水/クストス(フランク ミュラー ウォッチランド東京)

Photographs / Chicken Shinoyama
Styling / Shinya Nakanishi
Hair&make / SAYAKA
Model / Yunosuke Komura(HEADS)
Text & Editorial / Kohei Ichimura

フランク ミュラー ウォッチランド東京:03-3549-1949
エストネーション:03-5159-7800
タトラス ジャパン:03-5708-5188
アンルート 二子玉川:03-5797-3184
モスコット トウキョウ:03-6434-1070