オールドマセラティ画像01
- 大人のための最新自動車事情 -

「オールドマセラティ」が粋な大人たちに人気の理由

海神ネプチューンが手に持つ三叉の銛をモチーフに、マセラティのフロントグリルに鎮座する「トライデント」。最近、都心部などでこのエンブレムを目にすることが多くなった。エレガントなスタイリングと、ヴァイオリンの名器にも例えられる素晴らしいエンジン音で知られるマセラティは、フェラーリよりも古い歴史を持つイタリアの名門スポーツカーブランド。このマセラティの販売台数が近年、日本市場で大幅に伸びており、街中で存在感を高めているのだ。しかし、最新モデルも悪くないが、マセラティらしさを堪能したいなら、むしろ乗ってみたいのは1980〜1990年代の「オールドマセラティ」。通のクルマ好きの間で高い人気を誇る、粋な大人の男にこそ似合うマセラティである。

ハードボイルド作家・北方謙三も愛した1980〜90年代の「ビトゥルボ系」マセラティ

40〜50代のスーパーカー世代には、マセラティと聞くと、1971年に登場したミッドシップ・2シーターの『ボーラ』、あるいはその弟分の『メラク』を思い浮かべる人が多いかもしれない。しかし、『ボーラ』は総生産台数530台の希少なスーパーカーで、コレクターの間では数千万円単位の高値で取引されることもある。実用的でもないだけに、よほどの資産家でなければ所有するのはむずかしいクルマだ。

一方、以前から通人のクルマ好きの熱い支持を集めてきたのが、1981年に発表されたコンパクトなクーペ『ビトゥルボ』である。マセラティは創業以来、何度も経営母体が移り変わり、1976年にはアメ車の大排気量エンジンを搭載したスーパーカー『パンテーラ』で知られるイタリアの自動車メーカー、デ・トマソに買収された。このデ・トマソが「手に入れやすい価格の4シーター・スポーティカー」をコンセプトに開発を主導したのが、マセラティ初の量産車となった『ビトゥルボ』だ。

それまでのスーパーカーメーカーというマセラティのイメージを一変させた『ビトゥルボ』は、その後、セダンや2シーターオープンもバリエーションに加えて大ヒットを記録。1980年代後半に『ビトゥルボ』の名は消えたものの、このクルマをベースに『222』『430』『スパイダー ザガート』『ギブリ』『シャマル』など、数々のビトゥルボ系モデルが生み出されていく。

「オールドマセラティ、いわゆる『ビトゥルボ系』のファンはたくさんいらっしゃいますが、特に多いのが音楽家やデザイナー、写真家など、クリエイティブな職業のオーナーです。なかには、最新のスーパーカーを手に入れたのに、わざわざオールドマセラティに戻ってきた方もいらっしゃいます」。そう話すのは、オールドマセラティを中心にイタリア車を多数取り扱う埼玉県川口市の「アウトピッコロ」の取締役、鳰川(みよかわ)勝彦氏である。

たとえば、ハードボイルド作家の北方謙三氏もそのひとりだ。北方氏は30代半ばを過ぎてから普通免許を取得したが、そのときに自動車評論家の故・徳大寺有恒氏にすすめられて最初に購入したのが『ビトゥルボ』だった。その後、北方氏はビトゥルボ系を乗り継ぎ、作品にもマセラティがたびたび登場する。
(C)ArdorAuctions
(C)ArdorAuctions

カロッツェリアの職人が貴族に向けて丹念に作った「オールドマセラティ」の内外装

とはいえ、オールドマセラティには、「マセラティ」と聞いて誰もが思い浮かべる華美でラグジュアリーなイメージはない。フェラーリやランボルギーニと比べると、まるで「普通車」のように見えてしまうのも事実だろう。なぜ、その一見普通なクルマがそれほどの人気を集めるのか。

「その普通車のような見た目こそが、じつはオールドマセラティの魅力なのです。高価で派手なスーパーカーやラグジュアリーカーは、街中を走っていると常に好奇な目を向けられます。プライベートなドライブだったり、疲れているときだったりすると、それは苦痛以外の何物でもありません。その点、オールドマセラティならそんな気遣いも必要ないのです」

そして、普通車のように見えても、クルマの細部にはマセラティらしいラグジュアリーさが横溢している。ドアを開ければ、そこにあるのは外観と相反する豪華な内装。ふんだんに使われたウッドパネル、金で装飾されたアナログ時計、高級ソファのようなシート、イタリア本国でなめした革の匂いなど、そのすべてが“本物”で、手の込んだ素材がオーナーを包み込んでくれるのだ。

「マセラティは1957年の『3500GT』をはじめ、貴族的な高級スポーツカーを数多く作ってきました。それはビトゥルボ系でも変わらず、いつの時代のモデルにもマセラティならではといえる貴族的なムードがしっかり残されているのです。ビトゥルボ系のエクステリアも細部を見ると美しく、ボディラインひとつをとっても、コンピュータで描いた無機質さと対極にある『人の手の温もり』が感じられます。イタリアの自動車メーカーには、企業というよりもカロッツェリア(コーチビルダー)の文化が色濃い。貴族に向けて丹念にクルマを作ってきた職人の芸術性が宿っているのです」
(C)ArdorAuctions
(C)Ludovic(SCLUDO.com)
(C)ArdorAuctions

予算は整備費込みで約500万円、経験を重ねた大人の男の審美眼にかなうマセラティ

オールドマセラティが高い人気を集めるのは、もうひとつ、ビトゥルボ系のマセラティは比較的量産されていたために手に入れやすいという理由もある。

その分価格もお手頃だ。マセラティは現在、スポーツセダンの『クアトロポルテ』やクーペの『グラントゥーリズモ』、オープンモデルの『グランカブリオ』などをラインナップしているが、車両価格は900万円から2500万円と超高額。しかし、オールドマセラティなら、手に入れるための予算は整備費込みで500万円前後。取材時には希少な『スパイダー ザガート』が入庫していたが、こちらも450万円ほどだという。

「1970〜1990年代のマセラティには『故障が多い』というイメージがありますが、きちんと整備さえすれば大丈夫。たとえば、オールドマセラティは電装系が非常に脆弱で、必ず不具合が出ます。しかし、それも現在の信頼性の高い部品に交換すれば問題は発生しません。弊社では故障の心配のある部分はすべて新品に取り替えています。また、マセラティはモータースポーツ由来の自動車メーカーだけあり、心臓部がオーバークオリティに作られているので、エンジンが壊れることもほとんどありません」

粋とは、その人の姿勢や行動、美意識であり、ある種の生き様でもある。これ見よがしに高価であることをアピールするクルマと違い、けっして派手ではないが、わかる人が近くで見れば良さが光る…。だからこそ、オールドマセラティは年齢や経験を重ねた大人の男の審美眼にかなうのである。
(C)ykcky

Text by Tetsuya Abe

Photo by (C)ykcky(main)