LEON 2017年4月号 第1特集
- LEON powered by éditeur -

【LEON】いま必要なのは「モテるリッチ」

我々オヤジにとって、世の女性たちにどう見られているかは関心事のひとつ。仕事がデキそう優しそう、お洒落……、いろいろありますが、重要なのは「リッチに見える」ことだと小誌は考えます。

だってどんなに高価な服を手に入れたとしても、それがイマイチに見えたらそりゃ〜残念過ぎるというものですよね。また「リッチに見える」は何も金額的なものだけではなくてオヤジが漂わす雰囲気がどうか、だと思うのです。

だから、いまの時代のリッチ、どこかサラリとしていて、これみよがしでなく、それでいて、ちゃーんとセンスが感じられる、そんなオヤジがいま最高にモテるぞ、と。本特集はそんなオヤジさんの新しいリッチ感をご提案する次第です。

モテるリッチなオヤジは
「甘い」も「サラリ」

カシミアの原毛や高品質な原皮の色を想起させるベージュ〜ブラウンの色相は未来的にリッチが薫る色。と、同時にカフェオレやココアといった”甘さ”や”温かみ”とも繋がりの深い色でもあって、それをワントーンでサラリとこなせば、牧歌的ではない都会的な雰囲気が漂ってきます。「甘い」も「サラリ」とこなすこと。これもいまどきリッチのなせるワザなのですね。
引き締め効果の高い差し色を要所に効かせて
カフェオレカラーのニットを中心に同系トーンでまとめた装いです。茶系の差し色を加えることで、洒落感もググッと引き立ちます。コート3万7000円/ブルー ワーク(トゥモローランド)、ニット2万8000円/スカリオーネ、パンツ2万7000円/タリアトーレ(ともにトレメッツォ)、サングラス4万7000円/アイヴァン(デコラ)、バッグ5万9000円/ダニエル&ボブ(八木通商)、リング2万7000円/スーマン・ダックワ(S.O.S fp 恵比寿本店)、靴6万9000円/サントーニ(リエート)
ヌキの要素を加えることで軽妙さも備わります
ココアの味わいを堪能するならワントーンで仕上げるのがオススメ。別色インナーをわずかに覗かせ、洒脱なヌケ感を作りましょう。ジャケット7万円、パンツ2万5000円/ともにカモシタ ユナイテッドアローズ、ニット1万8000円/ユナイテッドアローズ(すべてユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、カットソー7800円/シーグリーン(タトラス ジャパン)、時計310万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴5万4000円/デュカルス(ビームスF 新宿)、リング6万4000円/アーム(ドレステリア 京都店)、サングラス4万8000円/アイヴァン(オブジェ・イースト)