u9152u306eu6f22u5b57u306bu307eu3064u308fu308bu8c46u77e5u8b58uff01u9149u5e74u306eu300cu9149u300du306bu306fu9152u3068u6df1u301cu3044u95a2u4fc2u304cuff01
- NOMOOO powered by éditeur -

酒の漢字にまつわる豆知識!酉年の「酉」には酒と深〜い関係が!

みなさんこんにちは。年末年始に年賀状のやり取りをした方には記憶に新しいと思いますが、2017年の干支は「酉」ですね。実は、干支の「酉」とお酒には、深い関係があります!
 
今回は、お酒にまつわる豆知識と、干支の「酉」と酒との深い関係を解説します!

目次

「酉」ってどんな意味?「酉」と酒の深い関係とは?

「酉」ってどんな意味?


干支でにわとりを表す「酉」は、「酒を造る壺」の象形文字です。

実は、「酒」の部首は「氵(さんずい)」ではなく、「酉(ひよみのとり)」なんです。「酉」にお酒という意味があるので、その意味をより強く表すものが部首になっています。酒の他にも、酌、酔、酩酊、焼酎の「酎」など、お酒に関する漢字に「酉」が使われています。
 
また、「酉」は酒造りに欠かせない発酵に関わる漢字にも使われています。発酵の「酵」はもちろん、酢、醪、醤油の「醤」など、発酵食品の漢字に「酉」が使われています。
 
しかし、なぜお酒の意味をもつ「酉」ににわとりが充てられたのかは、実ははっきりとはわかりません。

「酉」と酒の深い関係とは?


十二支には動物の意味だけではなく、時間や方角を表す役目もあります。酉が表す月日は旧暦でおよそ8月。酉月はちょうど農作物を収穫する時期です。農作物を長期保存するために発酵させることからも、「酉」が発酵食品を表す漢字に使われることが納得できますね。
 
また、酉月はお酒の造りの季節でもあります。8月は、米などの収穫が始まり、これから来る冬に向けてお酒を造る季節です。
 
「酉の刻」といえば17時〜19時頃です。ちょうど仕事終わりに晩酌を楽しむ時間帯です。因果関係はありませんが、酉の刻にお酒を楽しむという文化が定着しているようです。

いかがでしたか?お酒の意味をもつ「酉」に、干支でにわとりが充てられた明確な理由はわかりませんが、結果的にお酒と深い関わりがあることがわかりました。
 
お酒に関する豆知識を知ると、もっとお酒が楽しめそうですね!お酒の席で豆知識を話せば、一目置かれる存在になるかもしれません。
 
参考:http://www.02320.net/torihen-and-liquor/