Man sitting in a wheelchair while looking at camera in hospital ward
- 40代のアク抜きダイエットテク -

意外と重要! 男の“若さ”をカバーする眉毛の白髪染め

40代を超えたあたりから、徐々に気になり始める白髪。しかし、何も頭髪に限った話ではない。当然、眉毛にも白髪は発生するのだ。自然現象だからといって何もしないでいると、実年齢よりも老けた印象を与えてしまう。そこで自宅でできる眉毛の白髪ケア方法を、メンズコスメアドバイサーの野々下一美さんに聞いた。

今回のアドバイザー
メンズコスメアドバイザー
野々下一美さん

肌の色を分析するパーソナルカラリストとして活動するかたわら、美容・コスメのライターを経験。現在はザスインターナショナルを立ち上げ、男性の美容とコスメの専門家として活動する。著書に『エグゼクティブになる人の若々しい顔のつくり方』がある。

実年齢よりも老けた印象を与える眉毛の白髪

野々下さん「眉毛の白髪は一般的には50歳前後から発現するといわれています。頭髪の白髪は40歳前後から出てきますので、頭髪の白髪を確認してから約10年後には眉毛にも見られるようになる計算になります。白髪が発現する原因は、主に加齢によるものですが、ほかに、精神的なストレスなども要因として考えられています。

眉毛の中に1~2本くらいの白髪であればほとんど目立つものではありませんが、本数が増えたり妙に長くなったりすると、イメージに影響するのは避けられません。眉毛といえども、白髪となれば“老化”というイメージが先行するでしょう。実年齢よりも老けて見えたり、手入れが行き届いていなかったりすると、“だらしない”“不潔”などというイメージにもなりかねません」

アイメイク専用のコスメを使えば、眉毛の白髪も簡単にカバーできる

野々下さん「眉毛に白髪を見つけたら、コスメでカバーするのが良いと思います。オススメは、市販のペンシルタイプのアイライナーやファイバー(繊維)が入っていないマスカラです。チップや綿棒などにつけて、白髪部分に塗ってください。真っ黒を選ぶよりもダークブラウン系を選んだほうが自然に眉毛に馴染みます。また、同色のアイシャドウでも代用できると思います。

頭髪の白髪用染毛剤と異なり、いずれも洗顔すると落ちてしまいますが、敏感な箇所だけにアイメイク専用のものをお使いいただければ問題はないでしょう」

皮膚が薄い部分のため、炎症などのトラブルには要注意!

野々下さん「眉毛を染める際に気をつけなければならないのが、カブレです。目の周りは皮膚が薄いので炎症しやすい箇所です。なるべく地肌につかないように白髪の部分を中心に使ってください。

できれば描いた後、綿棒などで馴染ませるのが自然に見せるコツといえます。落とすときも、しっかり洗顔することを忘れないで下さい」

最後にアドバイザーからひと言

「眉毛専用と謳っている白髪カバーなら問題はないと思いますが、頭髪用の白髪染めは、染料の刺激が強いので、くれぐれも使わないようにしてくださいね」
Text by Miku Nakamura(Seidansha)