「もみあげの整え方」を変えれば、第一印象が変わる
- 40代のアク抜きダイエットテク -

「もみあげの整え方」を変えれば、第一印象が変わる

ヘアカットの際、おおよそのイメージは伝えるものの、もみあげのデザインについては特にこだわらずに美容師に任せてしまう人は多いのでは。しかし、もみあげはその人の印象を左右する重要なパーツ。どんな形に整えれば印象がアップするのか、いくつかのデザインが与える印象について、美容室オーナーの柴 史晃さんに伺った。

■今回のアドバイザー
大人のビジネスマンのための男性専用美容室
ブラックビズ オーナー
柴 史晃

ブラックビズは、『女性の多い美容室には入りにくい…』『理容室ではできないヘアスタイルに挑戦したい!』 という大人のビジネスマンのための“男性専用”美容室。ビジネスマンには嬉しい眉カットやスキャルプ(頭皮)クレンジングが全メニューに標準セット。平日22時までの営業時間も、仕事帰りに気軽に立ち寄れると好評を集めている。

もみあげはヘアスタイルを印象づける決め手

柴さん「もみあげは、オシャレなヘアスタイルを実現する上で切り離すことのできない、とても重要なパーツ。もみあげのデザインパターンを知ることで、あなたの個性をより強く明確に表現することができるようになりますし、もみあげのデザインを少し変えてみるだけでヘアスタイルに変化を与えられます。また、40代は白髪やクセが出てきたりと、髪の変化を感じる瞬間が増えてくる時。この髪の変化をもみあげにうまく生かすことで、色気のある大人のヘアスタイルにすることも可能です。そこで今回は、もみあげの代表的なデザインとその特徴についていくつかご紹介しましょう」

なりたいイメージに合わせて、もみあげのデザインをチョイス

柴さん「はじめに、もみあげの標準的な長さを知っておく必要があります。標準的な長さのラインは耳の穴の下のU字型にくぼんでいる部分から、顔の正面に向かって地面と水平に引いたところ。標準ラインより長ければ、顔に陰影がつく印象で引き締め効果が高くなります。逆に短ければ、陰影が弱まり明るく清潔感のある印象を与えます。

◆もみあげを真っ直ぐおろして先端をとがらせる『剣型(つるぎがた)』
どんなヘアスタイルとも相性が良く、頻繁に使われているスタンダードなもみあげです。剣のように先をとがらせることで、クールな印象を与えることができます。特にツーブロックスタイルやベリーショートスタイルの方にお勧めするデザインです。

◆もみあげを少し前方向に角度をつけて下におろす『弓型(ゆみがた)』
このもみあげの特徴は面長に見えやすくなること。耳の穴の位置から前方向へ弓型にフックさせることで、顔に陰影が生まれ、小顔効果が期待できます。セミロングスタイルが一番マッチしやすいと思います。刈り上げなどを用いたショートスタイルの場合は、バランスを取るのが難しく、個性的になり過ぎてしまうこともあるので注意して下さい。

◆もみあげを真っ直ぐおろし、先端を四角に表現する『盾型(たてがた)』
もみあげを四角形にすると、盾のように硬く男性らしい印象を与えることができます。もみあげがヒゲの部分まである方や、もみあげが濃い方におススメです。カミソリを使ってお手入れすることになりますが、左右非対称にならないように特に慎重に行ってください。盾型のもみあげには、フォーマルな印象やクラシックな雰囲気をより強くする効果がありますので、オシャレな七三スタイル、クラシックなオールバックスタイルに用いるといいでしょう。

◆もみあげとヒゲを繋げる『鎧型(よろいがた)』
もみあげとヒゲをつなげて、顔全体を鎧のように包み込むことでワイルドな印象に。もみあげの毛の長さは5ミリ以下でまとめるのが基本です。また、5ミリ以下の刈り上げショートスタイルなどは、刈上げ部分の長さよりも短くしていきます。ミディアムスタイルやショートスタイルで、特に動き(遊び)のある個性的なヘアスタイルによく合います」

清潔感を失わないよう、こまめなお手入れを忘れずに

柴さん「以上のようにもみあげには様々なデザインがありますが、どんなデザインにおいても、もみあげはクセが出やすく伸びていると不潔な印象を与えてしまいます。お手入れはマメに行いましょう。

よほど個性的なヘアスタイルでない限り、サイド(耳の上)から、もみあげの先に向かって、髪の長さはどんどん短くなっていくのが基本ですので、ご自身でお手入れされる場合は、慣れていない方は梳きバサミで少しずつカットするようにし、慣れている方はバリカンやカミソリでメンテナンスしてください。もみあげの濃い方は特に、清潔感を失わないように気をつけましょう。バリカンなどで長さを揃えた後、カミソリを使って綺麗に産毛等を処理してください。

意外にお手入れが難しいのは、もみあげが薄い方です。うかつに刈り上げてしまうと、もみあげが短くなりすぎてバランスが悪くなってしまうため、もみあげより少し上の髪をかぶせるようにしてカットして、自然なもみあげの様に見せるといいですね。その場合、もみあげが浮いてしまわないよう、ドライヤーで根元を押さえながら乾かして自然におさまるようにしてください。どうしても自分でお手入れが難しい場合は、信頼のおける美容師さんに教えてもらうようにしましょう」

最後にアドバイザーからひと言

「これを機にもみあげにアクセントをつけて、ヘアスタイルの変化を楽しんでみてはいかがでしょうか? いつも担当してくれる美容師さんに相談すれば、あなたに似合うもみあげを提案してくれるはずです」
Text by Takumi Arisugawa