u65e5u672cu9152u306bu5408u3046uff01u6625u83cau3067u304au624bu8efdu304au3064u307eu307fu300cu30b6u30fcu30b5u30a4u548cu3048u300du3068u300cu830eu304du3093u3074u3089u300d
- NOMOOO powered by éditeur -

日本酒に合う!春菊でお手軽おつまみ「ザーサイ和え」と「茎きんぴら」

まさに今が旬の春菊を使って、1袋で2品作ってみました!

同じ春菊から、全く違う味のおつまみが2品できる嬉しさと幸せ。

それに両方とも日本酒に合うんです!

春菊のほろ苦さがとっても美味しい。

生で食べる美味しさと、炒めて食べる芯の美味しさの両方を実に簡単に!

材料

春菊 1袋 ザーサイ 50g 長ネギ 10cm ★ごま油 大さじ3 ★レモン汁(ポッカレモン等で可) 小さじ1 ★酢 大さじ1 ★醤油 小さじ2 ラー油 適宜 塩コショウ 適宜
飲みたくなるお酒 日本酒 ビール

作り方

① 春菊の葉を摘む。

茎から葉を摘んで、よく洗っておく。(茎で一品作るので取っておく。)

② 合わせダレを作る。

★マークの調味料をボウルに入れて混ぜる。

しっかり乳化させる。

③ 春菊とタレを混ぜる。

細かく刻んだザーサイと、水気を切った春菊を入れて合わせる。

千切りにした長ネギとラー油をお好みで入れて、混ぜたら完成!

ザーサイの持ってる塩気によるので、足りなければ塩コショウをしてください。

春菊のほろ苦さとザーサイの味がよく合います。

日本酒で大人の晩酌を楽しんでください。

そして、もう一つ。

葉を摘んだ春菊の茎で、日本酒に合うおつまみを作りました。

パパッと炒めるだけの「春菊の茎きんぴら」です。

茎を斜め切り。

ごま油を熱したフライパンに入れて、

酒・みりん・醤油を各小さじ1入れて炒める。

盛り付けてごまを振ったら完成!

春菊1袋で、日本酒におつまみが2品。

日本酒が飲みたい夜には春菊を買って帰ってみてください。