mizuki01 main pc
- 40男のメモリーズ -

水木しげるさんの“人生”を辿る「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」

『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』などを生み出し、日本のみならず世界中の妖怪を研究・紹介した漫画家、水木しげるさん。その人生を辿る「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」が2017年3月8日から20日まで、東京銀座の「松屋銀座」で開催される。

境港の天才少年画家から漫画家に。少年時代の作品も展示

2015年11月30日、93歳であの世へと旅立った水木しげるさん。ご存命ならば95歳の誕生日であった2017年3月8日から展覧会がスタート。漫画原稿やスケッチ、写真など総出品数約350点を通じて、水木さんの生涯のテーマであった「本当の幸福とは何か」を探る展示となっている。

展示は「第1章 少年時代 境港の天才少年画家」から始まる。1922年(大正11年)大阪で生まれ、鳥取県境港市で育った水木さん。少年時代「のんのんばあ」と呼んでいた武良家(水木さんの本名は武良茂)へお手伝いに来ていたお婆さんの語る妖怪の話に夢中になり(後に『のんのんばあとオレ』として描かれている)、これが後の「水木しげる」の素地となった。勉強はからきしダメだったという茂少年だが、図画の成績は抜群だったそうで、14歳のときに描かれた「思い」は独創的な構図が目を引く。
「思い」 1936年 (C)水木プロダクション
続く「第2章 従軍時代 地獄と天国を見た水木二等兵」では、南国のむせ返るような美しさに触れた水木さんの体験した残酷な戦争の時代を振り返る。1943年(昭和18年)21歳で召集されて南方戦線のパプアニューギニア・ラバウルへ送られた水木さん。壮絶な戦いで部隊はほぼ全滅、水木さんも爆撃で左腕を失いながら、1946年(昭和21年)に奇跡的に復員(当時のエピソードは『総員玉砕せよ!』や『水木しげるのラバウル戦記』などで描かれている)、その後様々な職業を経て紙芝居を描き始める。

水木さんの魅力が伝わる貴重なインタビューやメッセージも公開

1958年(昭和33年)貸本漫画『ロケットマン』でデビューし、『墓場鬼太郎』シリーズも開始した水木さんは1961年(昭和36年)飯塚布枝さんとお見合い結婚。この頃の生活が「第3章 貧困時代 嗚呼、極貧生活」で紹介される。当時、傷んで安くなったバナナを八百屋で大量に買い込んで夫婦で食べた、というエピソードは有名だろう。
バナナを食べる水木夫妻 1989年 (C)水木プロダクション
やがて商業誌でも漫画を描き始めた水木さんは『悪魔くん』『テレビくん』などを発表、作品がドラマ化、アニメ化され人気作家となっていく。展示は「第4章 多忙時代 さらば貧乏神」、「第5章 妖怪研究家 妖怪に取り憑かれて」、「エピローグ 水木しげるは永遠に」と続き、NHK連続テレビ小説の原作となった自伝『ゲゲゲの女房 人生は…終わりよければ、すべてよし!!』を書いた水木さんの妻である武良布枝さんへのインタビュー映像や家族写真、また40人以上の各界の著名人の方からの、絵馬による追悼メッセージなども展示される。

また松屋銀座での開催後は、大阪の大丸ミュージアム(4月5日~19日)、大丸ミュージアム〈京都〉(4月26日~5月8日)、大丸ミュージアム〈神戸〉(7月26日~8月14日)、福岡県立美術館(10月27日~12月10日)を巡回する予定だ。
一反木綿 1991年 (C)水木プロダクション
自然や目に見えないものを大事にしていたという水木さん。お別れの会では参列者にポストカードが配られ、そこには「好きなことをやりなさい」と書いてあったそうだ。どんなに忙しくてもしっかり睡眠を取り、好きなものを食べていたというマイペースな水木さんだけに、もしかするとあの世から会場へいらっしゃって、どこかからこっそり覗いているかもしれない。
Text/Tamotsu Narita メイン画像:水木しげるとその作品たち1 2010年頃 (C)水木プロダクション